生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. シンプルだけど旨い!塩ダレ牛丼の作り方

シンプルだけど旨い!塩ダレ牛丼の作り方

2014年11月21日作成

 views

牛丼といえば、醤油ベースのタレに生卵や温泉卵をのせるのが定番ですよね。しかし最近では、肉の上に卵以外の色々なトッピングをして食べることが多くなりました。

食べなれた醤油味もいいですが、いつもと違うタイプの塩味がペースの牛丼はいかがでしょうか?

ここでは塩ダレ牛丼の作り方を紹介します。

材料(3人分)

牛丼の具

  • 牛肉・・・300g
  • 玉ねぎ・・・1個
  • 三つ葉(飾り用)・・・適量

塩ダレ

  • 水・・・大さじ1
  • みりん・・・大さじ1
  • 塩・・・5g〜7g(小さじ1前後)
塩は5g〜7gの間でお好みに調節してください。
  • ごま油・・・小さじ1
  • 鶏ガラスープの素・・・小さじ1
  • チューブのニンニク・・・1cm
  • チューブの生姜・・・1cm
  • コショウ・・・少々
  • レモン汁・・・小さじ2

牛丼以外にも使える塩ダレですが、ごはんに乗せない場合は塩少なめ(5g)がおすすめです。
焼きそばや野菜炒めなど、材料によっては濃い目の味付けが美味しい場合もあります。目安としては、薄切り肉は塩すくなめ、厚切り肉はやや濃いめ。タレが絡みやすい形の食材には、塩加減控えめにしてください。
最初は塩5gで作ってみて、足りなければ追加してくださいね。

作り方(調理時間:20分)

STEP1:塩ダレを作る

ボウルを用意し、塩ダレの材料をすべて合わせ混ぜます。

多少、溶けていなくても大丈夫です!

STEP2:玉ねぎを切る

玉ねぎはくし切りにします。

STEP3:牛肉を炒める

牛肉が大きい場合は食べやすいサイズにカットしておきます。

フライパンを熱して牛肉を入れ、中火で7割程度火を通します。時間にすると30秒前後です。

テフロン加工ではないフライパンをお使いの場合、サラダ油を小さじ2ほど入れてください。

STEP4:玉ねぎを入れる

次にSTEP2の玉ねぎを加え、弱火~中火の間で玉ねぎがしんなりするまで1分程炒めます。

STEP5:タレを加える

STEP1の塩ダレを加え、肉に完全に火が通るまで炒めます。

STEP6:完成!

お好みの丼にご飯を盛り、STEP5の肉を盛り付けます。

仕上げに三つ葉を飾って完成です!

作り方のコツ

塩ダレはたくさんの種類の調味料が必要なので、最初から作っておくと慌てないで済むのでおすすめです。

Twitterで紹介!

Twitterモーメントで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141114130606 54657fae3a301
  • 20141114130615 54657fb78937d
  • 20141114130848 5465805019149
  • 20141114130904 546580608bee8
  • 20141115111109 5466b63d51ffa
  • 20141115111122 5466b64a33114
  • 20141115111133 5466b65528ecf
  • 20141115111225 5466b68953bda
  • 20141115111239 5466b6972117d
  • E1958da6 3eae 4f5c af1f 300bcefbdb5e

本記事は、2014年11月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る