生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. タラとトマトの相性抜群!タラのトマトパスタの作り方

タラとトマトの相性抜群!タラのトマトパスタの作り方

2014年11月17日作成

 views

ペスカトーレなどイタリア料理では海産物もよく使われますが、実はタラもよく使われる素材です。といっても、近海では水揚げされないので、バッカラと呼ばれる北欧で獲れたものを塩漬けにして干したものが使われます。

ここでは、手に入りやすいタラの切り身を使ったトマトパスタの作り方をご紹介します。

目次

材料(2人分)

  • タラ:2切れ
  • トマト缶:1/2缶
  • にんにく:1片
  • 輪切り唐辛子:少々
  • パスタ:200g
  • 胡椒:適量
  • オレガノ:適量
  • パセリ:少々
  • 塩:お湯1リットルに対して大さじ1

作り方(調理時間:20分)

STEP1:タラに下味をつける

タラの切り身の水分をキッチンペーパーで拭き、塩、胡椒、オレガノを振って、5分ほど置いておきます。

塩タラの切り身を使用する場合は、塩を振りかけなくてOKです。

STEP2:タラを焼く

フライパンで少量のオリーブオイルを温め、タラの切り身の皮目の方から焼きます。中火で皮がパリッとするまで 1分ほど火を通します。

裏返して、身の方も中火のまま30秒ほど火を通します。

表面が白くなるまで火を通せばOKです。中まで火が通っている必要はありません。

STEP3:にんにくと唐辛子をローストする

タラを取り出したフライパンをキッチンペーパーで拭きます。オリーブオイルを足し、にんにくと輪切り唐辛子を入れて、弱火でローストします。

にんにくが軽く色づくまで、弱めの中火で 1~2分ほど火を通します。

STEP4:トマト缶を入れる

トマト缶を入れ、中火で火を通します。

トマト缶を入れたタイミングで、パスタを茹で始めましょう。

STEP5:パスタを茹でる

たっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを茹で始めます。茹でる時間は、袋に書いてある時間から少し短めにしましょう。

1.6mm のパスタだと、袋には7分と書いてあることが多いと思いますが、6分20秒くらいが目安です。

STEP6:タラを入れる

3分ほどトマトに火を通したら、取り出しておいたタラを半分に切って、戻し入れます。中火のまま1分ほど火を通しましょう。

STEP7:パスタを入れて、ソースを絡める

パスタが茹で上がったらフライパンに入れます。

オリーブオイル少々とパスタの茹で汁をお玉半分ほど入れて、中火のまま菜箸かトングでかき混ぜます。

STEP8:出来上がり

お皿に盛り付け、みじん切りにしたパセリを散らして、出来上がりです。

作り方のコツ・注意点

タラの切り身は、皮目から火を通して皮をパリッとさせましょう。

おわりに

あっさりとしたタラにちょっと煮詰めたトマトのソースがとてもよく合います。タラの美味しいこの時期に、是非試してみてください。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141113012554 54638a12a14c5
  • 20141113012616 54638a28c19f5
  • 20141113012631 54638a3720ac8
  • 20141113012648 54638a486527e
  • 20141113012702 54638a5614b66
  • 20141113012716 54638a64b83fc
  • 20141113012731 54638a73cf01d
  • 20141113012745 54638a8197a6a
  • 20141113012757 54638a8d38207
  • 20141113012809 54638a99d412e
  • 20141113012824 54638aa8165a1
  • 20141113012837 54638ab5292fd
  • 20141113012554 54638a12a14c5

本記事は、2014年11月17日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る