\ フォローしてね /

まさかの美味しさ!「もやしカルボナーラ」の作り方

一年中価格が安定しているもやしはヘルシーで、毎日でも食べたい野菜です。味が淡白なので、色々な食べ方や工夫をされている方も多いと思います。ここではもやしをカルボナーラ風に味付けしたレシピをご紹介します。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapinanapi
  • 安い食材で作れる

    卵も生クリームも使わずメインがもやしの節約レシピ

  • 相性抜群

    もやしのシャキシャキ感がカルボナーラと意外に合う

  • 10分で作れる

    パスタを茹でないから10分で作れる

材料(3人分)

  • もやし…1袋
  • ベーコン(ハーフタイプ)…2枚
  • 玉ねぎ…1/4個
  • パルメザンチーズ(粉チーズ)…大さじ1
  • マーガリン(またはバター)…大さじ1
  • 顆粒コンソメ…小さじ1
  • 薄力粉…大さじ2
  • 塩…小さじ1/3
  • ブラックペッパー…少々
  • 醤油…4~5滴
  • 牛乳…200ml
やってみた人からの声もやしをパスタの代わりにするなんて貧乏くさくない?と思ったけど、作ってみたらすごく美味しかったです!
やってみた人からの声生クリーム使わなくて大丈夫なの?って思ったけど、小麦粉が仕事してカルボナーラになりました!

作り方(調理時間:10分)

1具材を切る

玉ねぎは皮をむいて千切り、ベーコンは幅5mmくらいの細切りにします。

もやしはサッと水洗いし、水気を切っておきましょう。

やってみた人からの声もやしのにおいが気になる人は、少しお酢を入れたお湯で軽く下茹でしておくと、においが気にならなくなるよ。

2具材を炒める

フライパンを熱し、マーガリンを入れます。

マーガリンが溶けてきたら、切った玉ねぎとベーコンを入れ、中火で30秒ほど炒めます。

もやしと塩を加え、玉ねぎとベーコンが混ざるように30秒ほど炒めます。

ここからは手早く調理
もやしはすぐに火が通る食材です。火を通し過ぎて食感が悪くならないように、手早く調理してください。

3薄力粉を加える

とろみをつけるために、薄力粉を全体に振りかけます。

もやしに馴染ませるように、薄力粉の白い粉感がなくなるまで弱火で1~2分炒めます。

粉っぽさがなくなったらOKです。

4牛乳を加える

弱火~中火の間の火力にして、牛乳を加えます。

5顆粒コンソメを加えて煮込む

顆粒コンソメを加えて箸でかき混ぜたら、とろみが出てくるまで1~3分間そのままゆっくり煮込みます1

6パルメザンチーズを加える

とろみが出たら弱火にしてパルメザンチーズを加え、全体に行きわたるように混ぜます。

7ブラックペッパーを加える

ブラックペッパーを加えて混ぜます。

8隠し味の醤油を加える

隠し味の醤油を加えて混ぜます。

最後に味見をして、物足りないようなら塩(分量外)を入れて調整してください2

入れ過ぎ注意
醤油は数滴でOK。入れすぎると味が変わるので注意しましょう。

9完成!

火を止めてお皿に盛りつけたら完成です。

彩りとして、パセリやバジルなどを飾ってもキレイですよ。

丼にしてもおいしい

ご飯の上にもやしカルボナーラをのせると、丼としても楽しめます。ぜひお試しください。

みんなの感想

Twitter「モーメント」機能で、このレシピをつくってみた人たちの感想や参考になる情報をまとめました。

追記した箇所一覧

  • 12018年03月28日「加える調味料」について変更しました。
  • 22018年03月28日「味見」について追加しました。
このライフレシピを書いた人

Twitterで紹介!

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。