生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 婚活パーティーでカップリングしたお相手と親密になる方法と見極め期間

婚活パーティーでカップリングしたお相手と親密になる方法と見極め期間

2014年11月13日作成

 views

お気に入り

婚活パーティーでカップリングしたのなら、お相手ともっと仲良くなりたいものですよね。それなのにやる気が空回りして終わってしまうことも……。

今回はカップリングしたお相手と親密になる方法と見極め期間を伝授します!これを読んで婚活の成功率をぐっとアップさせましょう!

目次

積極性がアダになる!?最初の連絡からガツガツ行かない

最初の連絡は慎重に!2週間で初デートが目標!

婚活パーティーでカップリングしただけではまだまだ成功とは言えません。お互いにこれから仲良くなろうという段階です。なので最初から「恋人になる」と考えてガツガツ行くのではなく、お互いを知るために慎重な行動をしましょう。

そこで、大事になるのが初めての連絡です。

「今日初めてのパーティーで緊張していたのですが、○○さんが気さくに話してくれたおかげでリラックスできました。また、お話聞かせてください!」

このようなメールのやり取りから始めて、徐々にお互いを知っていきましょう。連絡を取り始めてから2週間後には初デートができればベストです。

足りないくらいがちょうどいい!初デートは食事プラスおしゃべりくらいで

初めてのデートはあれもこれもと欲張らずに、行き先を絞って短時間ですませましょう。おすすめは気軽に誘いやすいランチです。

「イタリアン好きって言ってましたよね。新宿においしいパスタ屋さんがあってランチタイムならお手頃なんですよ。一緒にどうですか?」という感じに自然に連絡できますよね。

お昼のデートなら健全&真剣なお付き合いをイメージさせやすいですし、比較的短時間なので相手に「もっと話したかったな。」と思ってもらえます。最初に相手の多くを知ってしまうと冷めてしまう人も多いので、そういった意味でもランチデートはおすすめなのです。

初デートの出来でこれからのことを決める!

初デートでお互いにいいなと感じている時

もし初デート後にお相手から次の誘いがきたり、自分から約束を自然な流れで取り付けられたりしたら、今まで以上にメールの頻度を増やしてアプローチしてもいいでしょう。ここまで来たら、相手もあなたのことが気になっているはずです。

初デートでお互いが好印象で次につながりそうな場合は、連絡の頻度を増やしてみましょう!

まだ温度差があると感じた時

まだ温度差があると感じたときは、どちらかが相手を恋愛対象とみなすか決めかねている状況です。そういった場合はもう少し様子を見ながら連絡を取ることにしましょう。

そして2週間~1か月ほど様子を見ても何もなく平行線のままなら、残念ながら2人の関係は発展しないでしょう。次の出会いに期待する方が賢明かもしれません。

まだ温度差がある場合は、今までの慎重なスタンスで様子を見る。そして2週間~1か月ほど何の進展もないなら、次の出会いを探すこと!

おわりに

  • カップリングしてから初デートまで2週間
  • 初デートがうまくいかなかったときは、様子を見る期間がさらに2週間~1か月ほど。

このトータル1カ月が見極めにかけてもいい期間です。

婚活では多くの異性に出会うのが成功の秘訣です。なので1カ月経っても明るい将来がイメージできない場合は、気持ちを切り替えて他の人に目を向けましょう!

(image by amanaimages1,2,3,4)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141112182358 5463272e152ae
  • 20141112182443 5463275beb191
  • 20141112182517 5463277dca1ef
  • 20141112182541 54632795a3a8b

本記事は、2014年11月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る