生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 「OK Go」だけじゃない!ぜひ見てほしい17本のPV

「OK Go」だけじゃない!ぜひ見てほしい17本のPV

2014年11月07日作成

 views

お気に入り

アメリカのロックバンド、「OK Go(オーケー・ゴー)」のPV(プロモーションビデオ)をご存知でしょうか?大掛かりな仕掛けと統率された動きによるなんともアーティスティックな演出で、Perfumeの皆さんが出演されていたこともあり、ネット上を中心に大きな話題となりました。

「OK Go」はほかにも見応えのあるPVを多くリリースしていますが、「OK Go」以外にもおもしろいPVを作っているアーティストはたくさんいるんです。

PVとは、アーティストの伝えたいメッセージをより強く表現するためにも使われます。ただプロモーションするだけではありません!PVに注目することで、素敵なアーティストと出会えるかもしれませんよ。

ということで、ここでは国外のアーティストを中心に、ぜひ見てほしい素敵なPVをまとめてご紹介します!

目次

アート系!?映像演出にこだわったPV

Radiohead - No Surprises

実験的な音楽が人気のRadioheadの、なんとも不思議な雰囲気のワンカットPVです。途中で始まる仕掛けにはびっくり!見ている方が苦しくなりそう……。リアルな表情がいい演出効果となっています。

Aphex Twin - Donkey Rhubarb

不気味な顔とかわいい身体が合わさった動物が、なんともいえません……。キモカワいい動物に子どもたちが群がっているのが不思議です。不気味なのに、ずっと見ていると愛着が湧いてきます。ポップな音楽のミスマッチ感もおもしろいです。

Björk - All is Full of Love

イギリスの映像作家であるクリス・カニンガム氏の代表作。肌の質感はスゴイの一言に尽きます。特にキスシーンは評価が高く、無機質なロボットによる艶めかしい動きは一見の価値ありです!

Shugo Tokumaru - Katachi

国内外で活躍するトクマルシューゴさんが「Shugo Tokumaru」名義でリリースしたこの曲。ストップモーションを使った切り絵のアニメーションによる映像で、手の込みように感動してしまいます。曲名「Katachi」とリンクした演出で高評価を得ています。

トクマルシューゴ - Decorate

同じくトクマルシューゴさんのPVです。こちらは、走馬灯の原理を使って、連続した動きの写真を高速回転させてアニメーションにしているようです。映像はもちろん、かわいい音楽にも要注目!挑戦的な音楽を発表し続けているトクマルさんならではの映像・音楽です。

Ken Ishii - extra

アニメ「AKIRA」でも有名な森本晃司さんの名をさらに高めた作品です。アニメと実写が混じった表現は、この当時としては考えられない発想であり、大きな注目を浴びました。森本さんならではの世界観が存分に味わえます。

The White Stripes - Fell in Love with a Girl

なんと全編レゴを使ったアニメーションで作られたPV。レゴだけの表現とは信じられません。時間も手間もかかりそうですね……。監督は、映画監督としても活躍するミシェル・ゴンドリー氏です。

The White Stripes - Seven Nation Army

同じリズム、同じ展開を繰り返す曲調が印象的な楽曲ですが、PVも音楽とリンクして淡々と繰り返される映像になっています。ホワイト・ストライプスのテーマカラーは「赤・黒・白」の三色ですが、この三色のみを使って作られた映像であることもポイント。

The Pharcyde - Drop

アメリカのヒップホップグループ、PharcydeのPVです。どこか違和感のある映像だと思いませんか?実はこれ、逆再生になっているんです。逆再生と考えると驚愕の演出です。

ダンスが見応えのあるPV

Laura Mvula - Green Garden

一緒に手を叩きたくなるような軽快な楽曲です。徐々に人数が増え、最後は大人数での群舞へ。鮮やかなロケーションの中で自由に踊る様は、なんとも爽快です。

Michael Jackson - Hollywood Tonight

田舎から出てきた女の子がダンスで身を立てる、というストーリー仕立てになった、マイケル・ジャクソンのPVです。随所にマイケルへのオマージュが挟まれ、ファンにはたまらない演出です。最後のフラッシュモブ風の壮大な演出は見ものです。

Oh Land - White Nights

元バレリーナであるオランダ人歌手、Oh LandさんのPV。映像や照明とダンスが融合しています。場面がくるくる変わり、目が離せません。すべての場面が集約されたようなクライマックスは圧巻。

LFO - Freak

イギリスのテクノバンドであるLFOのPVです。ちょっと怖いというか不気味な雰囲気なので、苦手な方は要注意。とにかくダンスがスゴイです。解放された身体の動きが、なんとも美しいです。

WORLD ORDER - AQUARIUS

須藤元気さん率いる日本のダンスユニット、WORLD ORDERのPVです。京都で撮影されており、日本の風景美も楽しむことができますが、なんといってもダンスが素晴らしいです。人間の身体のおもしろさを感じることができます。

ストーリー仕立てになっているPV

Squarepusher - Come on my Selector

イギリスのテクノミュージシャンであるスクエアプッシャーによる、ストーリー仕立てのPVです。犬がかわいいですね。日本語のセリフや字幕が出るので、日本人でも気兼ねなく見ることができます。

DJ Shadow & James Lavelle (UNKLE) Feat. Thom Yorke - Rabbit in Your Headlights

アメリカのミュージシャン、DJであるDJシャドウの、ショートムービーになっているPVです。映像を見ているだけでストーリーがわかるので、英語が聞き取れなくても大丈夫。衝撃のラストは必見です。

ひめキュンフルーツ缶 - キラーチューン

愛媛のローカルアイドルであるひめキュンフルーツ缶のPVです。一見普通のアイドルのPVに見えますが、途中からなんと熊とアイドルのバトルに。アイドルのPVなんて、と思わず、まさかのラストまでしっかり見てみてください。

音楽も映像も一緒に楽しもう!

PVのいいところは、音楽と映像を一緒に楽しむことで、より音楽のよさを再確認できるところでもありますよね。アーティストの表現がぎっしり詰まったPVもチェックして、素敵な音楽と出会ってください!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141107193354 545ca01277d21

本記事は、2014年11月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る