生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. ゆっくり飲んで体を温めよう!寒い季節に飲みたいホットカクテル10選

ゆっくり飲んで体を温めよう!寒い季節に飲みたいホットカクテル10選

2014年11月07日作成

 views

ロシアではみんながウォッカを飲むように、寒い季節はお酒を飲んで体を温めることがありますよね。日本にも「酒は百薬の長」という言葉があります。

お酒が強い人でなくても、家に帰った後に少し飲むと寝付きがよくなることがありますので、上手にお酒と付き合っていきたいですよね。

そこでここでは、寒い季節にゆっくり飲みたい、美味しいホットカクテルをご紹介いたします。

体を芯から温めるホットカクテル10選

1:プンシュ風オレンジカクテル

プンシュというのは、スウェーデンなどの北欧で親しまれている蒸留酒や砂糖などからできているリキュールです。麦茶を使って香ばしさと甘さを両立した、やさしい味わいのホットカクテルです!

2:紅茶×リキュール

紅茶だけでも体は温まりますが、そこへ好みのリキュールを加えればもっと自分好みの味に変えることができます。ホワイトキュラソーなどをお供に、ゆっくりいただきたいですね!

3:梅酢焼酎

梅干しを漬けた際にできる梅酢を味付け・香り付けに使ったホットカクテルです。お湯割りにすることで、より香りを楽しむことができます。焼酎好きにはたまらない逸品です!

4:牛乳焼酎(牛乳チュー)

牛乳と合わせることで、焼酎もまったり飲みやすくなりますね。気分に合わせてアイス・ホットを分けることができるのがうれしいところ。

5:アイリッシュコーヒー

アイルランド産のウィスキーのことをアイリッシュウィスキーというのですが、それにコーヒーを加えて作るのがアイリッシュコーヒーです。生クリームが深みを与えてくれている、逸品ですよ!

6:ショコラ・カクテル

キャラメルの香ばしい甘さやビターチョコレートのほろ苦さがなんとも言えない、大人のスイートカクテルです。ホットで飲む楽しさを教えてくれるカクテルですね。まったりしたい夜などにピッタリです!

7:ホットブランデーエッグノッグ

西洋版玉子酒というとわかりやすいかもしれません。ムースのようで口当たりもよく、栄養価も高い……と、もはや言うことなしのカクテルです。少し手間はかかりますが、その手間すら楽しめること間違いありませんね!

8:ホット黒ビール

砂糖を加えることで、麦芽の苦味と上手くバランスをとったホットビールです。作り方はごく簡単ですが、寒い夜にじっくり味わいたい逸品です。もしかすると、キンと冷えたビールよりもこちらの方が好きだという方もいるかもしれませんね。

9:りんごホットワイン

ただワインを温めるのではなくフルーツを一緒に温めることで、サングリアとまではいかないまでも、味も見た目もワンランクアップします。コンポート風の実は、デザートにいただきましょう!

10:パインホットワイン

パインを一口大にしておけば、果肉入りのホットワインとしても楽しむことができます。もちろんシロップも合わせているので、甘いのが好きな方にも対応できる幅の広いカクテルですよ!

おわりに

世界中にはリキュールや割り物が数多く存在するので、その組み合わせは無限大です。その上、ホットで楽しむとなると、様々なおいしさの可能性がありますよね。

試行錯誤しながら、寒い季節にピッタリのオリジナルカクテルを見つけてみてはいかがでしょうか!

(image by 写真ACえみっちしろくまみかんみふ かなたNO NAME深山芙蓉cocoしろたまREN)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141215165740 548e94744dde0
  • 20141107153922 545c691ae4627
  • 20141107154503 545c6a6fd79a8
  • 20141107154912 545c6b6846357
  • 20141107155925 545c6dcdb2705
  • 20141107161059 545c7083bdbaf
  • 20141107162553 545c74010d8b7
  • 20141107163301 545c75ad79be9
  • 20141107163907 545c771b66e0d
  • 20141107164940 545c79943dd8c
  • 20141107170038 545c7c2689220

本記事は、2014年11月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る