生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. クリスマス前のパパ必見!子どもにバレないサンタになるコツ

クリスマス前のパパ必見!子どもにバレないサンタになるコツ

2014年11月07日作成

 views

サンタクロースの変装を子どもにばれないようにするにはどうしたらいいのか?という、クリスマスを控えた親御さんたちの悩みが聞こえる季節になってきました。

いつまでもバレずに済むとは思わないけど、なるべくなら夢を与え続けたい…という全国のお父さんお母さんへ、少しでもバレを回避するための方法をお教えます。

バレずに変装をする方法~変装編~

ヒゲと帽子は必須!

まず顔からバレを防止するためにもっとも効率がいいのは「顔を隠すこと」です。身もふたもないかと思われますが、バレる最大要因を思い切って隠すというのはなかなか大切なことです。

具体的にはあご周りをぐるりと覆うまっしろなヒゲと、もしあれば同じくまっしろな眉毛、金色の丸眼鏡なんかをしてみてもいいかもしれません!

体型にあったコスチューム選びをしよう!

クリスマス直前になって、あわてて安物のサンタの衣装を買ったりしていませんか?ブカブカにもぴちぴちにもならない、自分の体型にあった衣装を選んでこそリアリティがでるというものです。

また、今後数年にわたって着続ける可能性がある場合は、1枚2000~3000円のものよりも、少し良いものを買ってみてもいいかもしれません。そのためにも、前もってきちんと準備しておきたいですね。

よりサンタクロース感を出したい場合は、おなか周りの恰幅を表現するために布や小さめのクッションなどを挟んでみましょう。

より変装のクオリティを上げるために

よりサンタクロースになりきりたい方は、コスチュームにヒゲ・眉毛や眼鏡のほかにいくつかの小道具を持ってみてもいいですね。

サンタクロースはフィンランドのおじいさんですから、肌を白めにしたいという場合は、奥さんのリキッドファンデーションやファンデーションを顔に塗り、本物に近い肌の質感を出してみましょう。ブラウンのアイライナーなどを使って目じりにシワを描いてみてもいいかもしれません。

また「トナカイのひくソリに乗って現れる」というサンタらしさを演出するために、家の前でインターホンを押したり、部屋に入ったりする前にスズやベルで「シャンシャンシャン……」という音を鳴らすのも手です。視覚・触覚だけでなく聴覚にも訴えることで、より多重的な思い出を残すことができます。

化粧は慣れない場合ひとりでやるのはおすすめしません。また、スズを持参する場合は部屋の中で鳴らないように徹底したいですね!

バレずに変装をする方法~登場編~

コスチューム以外で悩むことになるのが着替えの方法です。よりバレないように変装するためには、どこで着替えるのがベストなのでしょうか?

帰りの車中で着替える

車で通勤しているお父さんには、家に帰ってから着替えるのではなく、会社帰りの車内で着替えてしまうことをおすすめします。

家につくとまず先にサンタとしてプレゼントを渡し、立ち去ってから、車に戻って変装を解いてから何食わぬ顔で帰宅するのです。パーティーを一度抜け出して着替えるよりも、こちらのほうが怪しまれる確率がグッと減りますよ!

駐車場への駐車で父の帰宅がバレるご家庭や、車通勤でないご家庭にはおすすめできません。

深夜に出没する

サンタクロースとして登場する時間帯を、子供が寝静まった深夜にしてみるのもひとつの案です。万が一子どもが起きたとしても、蛍光灯の下で見る変装と比べて、それが父親であると見破られる可能性は激減します。

この戦法ならば、その部屋の暗さと寝ぼけた状態の意識のおかげで、低クオリティでもバレる確率は下がります。ただし、子どもが寝入った状態であること、かなり眠気がおとずれていることを確認してから実行しましょう!

蛍光灯のヒモやリモコンを遠ざけるなどして、子どもがすぐに電気を付けられない状況にしておけるとなおよし!

他人に頼む

どうしても父親であるとバレたくない、子どもの夢を壊したくない!という方は、最終手段として同僚や友人にサンタになってもらいましょう。

同じように子どもがいて、サンタ役を探している父親同士でサンタ役を「交換」するのも楽しそうですね。

会社の人であれば子どもたちも面識がないはず。父親ではなく見たこともない大人がサンタの扮装をすれば、サンタクロースによりリアリティを持たせられるかもしれません。

夢を壊すことなくクリスマスに素敵な思い出を残せますね!

クリスマスに良い思い出を!

クリスマスの主役は元気いっぱいよろこぶ子どもたちです。大きくなって昔を思い出したときに「楽しかったな」と思えるような素敵なクリスマスを迎えられるといいですね!

(image by amanaimages1 2)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141202154039 547d5ee7dbde3
  • 20141023191810 5448d5e275ea2

本記事は、2014年11月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る