生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ある意味この世の中を変えた…2014年流行語大賞は「号泣議員」になる?

ある意味この世の中を変えた…2014年流行語大賞は「号泣議員」になる?

2014年11月07日作成

 views

お気に入り

2014年夏、政務活動費から不正な支出をしたとして問題になっていた47歳の議員が、メディアの前で号泣したとして連日メディアで取り沙汰されました。

会見中、大きく取り乱しながら泣き喚いた野々村議員。後に「号泣議員」「号泣県議」と言われ、コラ画像やSNSでも大注目されましたよね。

前代未聞の号泣会見は、日本中に大きな衝撃を与えました。数々の迷言を生み出した野々村氏は2014年の重要人物のひとりといっても過言ではないでしょう。

ここでは、そんな野々村議員の一連の騒動と、迷言をまとめてみました。

号泣県議「野々村竜太郎」とは

号泣会見が話題に

兵庫県議であった野々村議員は、政務活動費を使い、豊岡市などを日帰りで195回訪問したとして約300万円もの金額を支出していたことで問題となりました。

不自然な支出に疑いをかけられた野々村議員。事実説明を行った会見では、何を言っているのかわからない支離滅裂な言動と、大人とは思えない号泣っぷりが話題になりました。

ウワーン、やっとなった議員なんです!

そもそも「どうして野々村議員が当選したの?」という疑問が浮かびますよね。実は、野々村氏は兵庫県の市役所を退職したあと、5回目の立候補でやっと兵庫県議になれたという過去があります。

ちなみになぜ5度目でなれたのかというと、2011年の県議選のさいに「西宮維新の会」を名乗ったからだといわれています。維新ブームまっただなかのときに上手に便乗したようです。

ちなみに橋下徹代表は会見で「大阪維新の会」「日本維新の会」にはまったく関係ないと明言しています。

コラ画像が蔓延する

まるで子どものように泣きじゃくる野々村県議の姿はSNSでも大反響。ツイッターではトレンドワードにあがり「笑える」「大人じゃないみたい」などと騒がれました。

ネット上は野々村氏のコラ画像で蔓延。ゴーストライター騒動で話題になった佐村河内氏とのコラボ画像を目にしたことがある人もいるのではないでしょうか?

書き起こし全文がウケる

また、野々村県議(当時47歳)の号泣会見の全文はlogmiにて掲載され、こちらも大注目されました。

この世の中を! ウグッブーン!! ゴノ、ゴノ世のブッヒィフエエエーーーーンン!! ヒィェーーッフウンン!! ウゥ……ウゥ……。ア゛ーーーーーア゛ッア゛ーー!!!! ゴノ! 世の! 中ガッハッハアン!! ア゛ーー世の中を! ゥ変エダイ! (ログミーより引用)

あまりの迫力に「これは魂の叫びだ!」「子どもに見せたくない」といった声がつきませんでした。

中高生の間で「野々村ポーズ」が流行

野々村議員が記者からの質問に対して耳に手をあてて聞き返したことから、女子中高生の間で「野々村ポーズ」も流行しました。このポーズは、耳の前に手を当て目を閉じるというもの。プリクラや自分撮り写真で使われました。

プリクラの落書きに使われたコメントは会見中に放たれた「あなたにはわからないでしょうね!?」「この世の中をかえたい」が多かったようです。

全日本が笑った…野々村県議語録

このように、野々村氏が残した影響ははかりしれません。それでは、野々村元県議が残した迷言の一部をご覧ください。

「命がけでウェーヒッフアーーー!」

命がけで会見に挑んでいたようです。

「この世の中を!この世の中を変えたいー!」

ある意味、一時は「この世の中」を変えた野々村氏。自分の人生も大きく変わってしまったようです。

「なんで自分を曲げないといかんのや」

曲げなかった結果がこうなったとしか……。

「あなたにはわからないでしょうけどね!」

たしかにあそこまで号泣する理由はわからないかもしれません。

「誠に感情的になって、申し訳ございませんでした」

最後はしれっと真顔になって謝罪されていました。

2014年流行語大賞は「号泣議員」になる…?

ネット上だけでなく日本中を驚きで包み込んだ衝撃の会見。2014年、もっとも注目された人物といってもいいかもしれません。現在は議員を辞職した野々村氏。もし2014年の流行語大賞に選ばれたら、号泣しながら喜んでほしいですね。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141022175948 54477204ab813

本記事は、2014年11月07日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る