\ フォローしてね /

野菜嫌いな子供も食べられる「肉味噌やさい丼」の作り方

このライフレシピのもくじたたむ

野菜嫌いな子供がいると、どんなおかずを出したらいいか悩みますよね。野菜をたくさん出してもおそらくそんなに食べてくれないだろうし、かと言って肉ばかり食べさせるわけにもいきません。

そこで、今回は野菜嫌いな子供も食べられる肉味噌やさい丼の作り方を紹介したいと思います。

野菜自体にしっかりと味をつけ、ごま油の風味で食べやすいですし、さらに、味がしっかりとついた肉味噌と合わせることでより食が進むと思います。

丼なのでボリュームもたっぷりですし、お子さんがなかなか野菜を食べないという場合はぜひ作ってみてください。

材料

  • ごはん 好きなだけ
  • 豚挽き肉 300g
  • にんにく(すりおろし) 1~2片
  • コチジャン 小さじ1程度
  • 味噌 大さじ1.5
  • もやし 2袋
  • ほうれん草 1束~2束
  • ごま油 大さじ2
  • しょうゆ 少々
  • 塩 小さじ半分
  • 炒りごま 好きなだけ
もやし、ほうれん草の他にもぜひお家にある野菜を加えてください。にんじんやニラなど合うと思います。

作り方

STEP1: 挽き肉を炒める

フライパンに油を敷き、挽き肉を入れて、ほぐしながら炒めます。かたまりがあるよりも細かくほぐしたほうが味が馴染むので、木ベラなどを使って炒めるといいと思います。

STEP3で野菜を茹でるときのお湯を、挽き肉を炒めるのと同時に沸かし始めるとスムーズに作業できると思います。

STEP2: 挽き肉に味付けをする

肉がほぐれて火が通ってきたら、コチジャン、味噌、にんにくのすりおろしを入れてさらに炒め、調味料が馴染んだら火を止める。

STEP3: 野菜を茹でる

ほうれん草、もやし、その他お好みの野菜を茹でて、水気をしっかりと絞ります。

[photo by 著者]

上の画像のような物にほうれん草以外の野菜を入れれば全部の野菜が一度に茹でられて便利です。

水気を絞ったら、ほうれん草を2cmくらいにカットし、また水気を絞っておきましょう。

STEP4: 野菜に味付けをする

ほうれん草には醤油、ごま油(大さじ1)、塩(小さじ1/4)、ごまを加え、よく和えます。他の野菜には残りのごま油と塩を加えて、こちらもよく和えます。

STEP5: 完成

ごはんを丼などの深めの容器に盛り、その上に野菜をのせ、肉味噌をかけて、ごまをふって完成です。

アレンジ

丼だけではなく、ご飯以外のものにかけても美味しいですよ。例えば、肉味噌うどんや肉味噌そうめん、あとは中華麺にかけても美味しいと思います。

こんな感じで、麺類にかける場合は野菜はきゅうりなどにしたほうがより美味しいと思います。

おわりに

お子さんの好みと食欲に合わせて、工夫して作ってみましょう。味付けや調理法によって、嫌いなものも好きになったりしますよ。

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。