生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4. なぜここが!?外国人が好む日本の観光スポット11選

なぜここが!?外国人が好む日本の観光スポット11選

2014年11月05日作成

 views

日本にはたくさんの有名観光スポットがありますが、海外の方にはどこが人気なのでしょうか?富士山?京都?いやいや東京タワーでしょ!なんて、やはり有名スポットを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

しかし実は、「なんでここに?」と思う意外な場所が、外国人に人気だったりします。日本人はあまり行かないようなマイナースポット、一体何が彼らの心に刺さっているのでしょうか?

ここでは、実際にそんな日本のマイナースポットを訪れた外国人ツーリストの口コミを元に、人気の秘密を紐解いてみました。

外国人観光客が好むマイナースポットと、その理由

新宿ゴールデン街

新宿ゴールデン街

新宿ゴールデン街のポータルサイト きっとお気に入りのお店が見つかります 行き方、詳細マップ有り

www.goldengai.net

東京・新宿で戦後まもなくから続く、文化人・アーティスト御用達の街。宇多田ヒカルさんのアルバムの宣伝ポスターの背景になったことで一躍有名になりました。

  • 伝統的なクローゼットサイズのバーが、木造長屋に敷き詰められているのが珍しい
  • それぞれにマスターやママがおり、各々のテーマで経営されていて面白い
  • 外国人慣れしていて、英語でコミュニケーションがとれる店が多い

という理由が挙げられました。古き良き時代の日本を感じさせる風景は、日本人にとっても興味深いものです。

成田山 新勝寺

大本山 成田山

天慶3年の開山より「成田のお不動さま」として知られる真言宗智山派大本山成田山新勝寺の公式サイトです。成田山の歴史、毎日の御護摩祈祷、毎月の行事、各御堂の紹介などを掲載しています。また文化財堪能をはじめとした様々なご参詣コースのご案内や四季の彩りを楽しめる成田山公園の紹介も掲載しています。皆さまのご参詣をお待ちしています。This is the Official Website of Naritasan Shinshoji Temple.You can see History,Access&Temple Map,Annual Events,Goma & Charms and Naritasan & Kabuki in our website.

www.naritasan.or.jp

日本の外交窓口である千葉県の成田国際空港近くにある、成田山のお寺です。真言宗智山派の大本山のひとつでもあります。正月に初詣客でにぎわうことで有名ですね。

  • 長距離移動の前後にリラックスできる
  • 高級和食の代表である、うなぎの老舗が多い
  • とにかく広く、見ごたえがある

という理由で、人気を集めています。空港に近いというのが人気の秘密の1つですね。

金沢21世紀美術館

金沢21世紀美術館

石川県金沢市にある現代美術館です。来館情報、展覧会、イベント、教育普及プログラム、コレクションの紹介など。

www.kanazawa21.jp

石川県・金沢の有名観光スポットである「兼六園」の近くにある、体験型美術館です。個性的な展示に挑戦しており、日本人にもファンがとても多い美術館ですよね。

  • 建物自体がアートなのに無料で入れるスペースが広いため、散歩に最適
  • カフェ・レストランが美味しく、ギフトショップも充実

といった理由から、海外の方にも人気のようです。

トヨタテクノミュージアム

トヨタ産業技術記念館

モノづくりの楽しさいっぱい! 子供から大人まで楽しめる参加型のおもしろ博物館。全天候型、バリアフリー、無料駐車場完備、トヨタ産業技術記念館

www.tcmit.org

愛知県名古屋市にある「ものづくり」を体感できる博物館。機械好き、発明好きにはたまらない場所です。かなり見ごたえがあるので、時間に余裕を持って行ってほしいスポットです。

  • 世界のトヨタの技術の歴史が見られ、勉強になる
  • 東南アジア圏からの観光客に人気

などの理由で人気のようです。「技術大国日本」のすごさがよくわかるスポットなんですね。

箱根彫刻の森美術館

四季折々の雄大な自然が楽しめる神奈川県・箱根町にある、国内初の野外美術館。子供用プレーエリアがあるので、家族連れでも1日中満喫できます。

  • 東京から電車で1時間で行ける立地の良さ
  • ピカソ・ヘンリームーア・メダルドロッソ等、美術コレクションが充実
  • 展示順がよく、特に散策し疲れたあとの足湯が嬉しい

などの理由が挙げられました。足湯は、温泉街である箱根ならではのサービスですね。

高野山 奥の院

名所一覧 | 高野山真言宗 総本山金剛峯寺

高野山真言宗 総本山金剛峯寺の公式ウェブサイトです。高野山は2015年に開創1200年の記念すべき年を迎えます。

www.koyasan.or.jp

和歌山県にある、金剛峰寺で有名な高野山。奥の院には約20万基の戦国武将らの墓があり、静かで神秘的な雰囲気を醸し出しています。

  • 日本仏教の聖地
  • 外国人向けナイトツアーなども行われている

といった声がありました。外国人向けのツアーとは、なかなか興味深いですね。

二年坂・三年坂(二寧坂・産寧坂)

京都:京の坂道 一念坂・二寧坂(二年坂)

京都を代表する観光地「二年坂(二寧坂)」。石畳の風情ある坂道で、清水寺につながる参道として、京都土産のお店が軒を連ねています。

www.2nenzaka.ne.jp

京都・清水寺の近くにあり立ち寄ることができる、最も京都らしいといわれる坂道。その呼び名の由来には諸説あるようです。転ぶと大変なことが起こるかも……?

  • 土産物屋やお茶屋が並ぶ古い石造りの街並みでは、芸者さんが見られる
  • 午前と夕暮れ時には特に街並みが綺麗に見られるほか、春には桜がライトアップされる

と、雰囲気のよさが人気の理由のようです。清水寺の観光のついでに立ち寄ることができるのもうれしいですね。

京都錦市場

京都の四条通の1本北に位置する、390mの商店街。散歩がてらにぶらっと立ち寄り、ビール片手に食べ歩きするスタイルが人気のようです。

  • 食べ歩きができ、賑やか
  • 人が大勢いる割に清潔感があり、カラフルで綺麗な上、店員さんが親切
  • 大丸・高島屋が近く、新旧市場の比較ができる

など、アクティブな方に人気の様子。わいわいと楽しみながら食べ歩きできるので、手軽に京都を楽しみたい方におすすめです。

京都嵐山モンキーパークいわたやま

嵐山モンキーパークいわたやま

京都嵐山モンキーパークいわたやまで、嵐山を遊ぶ、見る、体感する。話題の京都嵐山モンキーパークいわたやまの公式サイトです。

monkeypark.jp

京都の有名観光地・嵐山にあり、道中がハイキングコースにもなっています。120匹の野生のニホンザルが暮らしているほか、野鳥や自然も見ることができる気持ちのいい場所です。

  • 京都タワーより少し高い位置にあり、景色がきれい
  • 山の中を自由に駆け回る猿に、檻の柵の内側から餌をやることができる
  • アメリカやヨーロッパには野生の猿がおらず、珍しい
  • トムクルーズが訪れ、絶賛した

と、海外の方からの絶賛の声が。飼いならされていない野生に近い猿を見られるのは貴重ですよね。

ビデオゲームバー スペースステーション

大阪府・心斎橋にある、ゲームができるバー。昔のものから最新ゲームまで取り揃え、ゲームの名前のついたお酒を置いているなど、ゲーマーにはたまらないスポットです。

  • 店長が外国人で、外国人の交流の場になっている
  • ゲームがたくさんあり、アメリカのゲームもプレイできる

と、外国人ならではの人気の理由がありました。大阪にいながらアメリカ風の雰囲気を楽しみたいときにもおすすめです。

JR姫路駅(新幹線ホーム)

姫路駅│駅情報:JRおでかけネット

JR西日本の時刻・運賃検索や駅情報・路線図、車両案内など、鉄道に関するご案内です。

www.jr-odekake.net

世界遺産に登録されている姫路城の最寄りとなる、兵庫県姫路市の駅。JR神戸線と山陽本線の境となる駅で、在来線3路線と新幹線が乗り入れるターミナル駅です。

  • 直線が続くため、時速300キロで通過する新幹線を間近で見られる

というのが、その人気の秘訣。姫路城で日本の歴史を、駅で日本の最先端技術を感じられるのが素敵です。

まとめ

このような観光スポットは、

  • 周囲に有名観光スポットがあり、ついでに訪れることができる
  • 自分たちの国にはないものが見られる
  • 体験型スポットであったり、コミュニケーションが取れるスポットである

ことが魅力になっているようです。これらは、日本人にとっても魅力的なポイントですよね。

外国からのお客さんを連れて行くときも、日本人だけでちょっと変わったスポットに観光に行きたいときも、上述の観光地はおすすめです。旅行計画の参考にしてみてくださいね!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141104183100 54589cd4555b0

本記事は、2014年11月05日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る