生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. はじめても美味しく作れる!筑前煮の基本的な作り方

はじめても美味しく作れる!筑前煮の基本的な作り方

2014年11月04日更新

 views

お気に入り

おせちの筑前煮には箸がのびない…。そんなイメージありませんか?でもこのレシピの筑前煮は食べるととまらなくなりますよ。

ここでは、筑前煮の基本的な作り方をご紹介します。筆者が初めて筑前煮を作った際、美味しくできたレシピです。

出汁とごま油のきいた、お醤油の優しい味わいの筑前煮です。

材料(4人分)

筑前煮用

  • 鶏もも肉・・・250g
  • にんじん・・・1本
  • ごぼう・・・小1本
  • 蓮根・・・小1節
  • こんにゃく・・・1枚
  • こんにゃく用の塩・・・少々
  • ちくわ・・・4本(にぎりちくわなら1~2本)
  • ごま油・・・大さじ2
  • 砂糖・・・大さじ3
  • 醤油・・・大さじ4(濃口3:薄口1)
  • 酒・・・大さじ2
  • みりん・・・大さじ2

出汁用

  • 水・・・1200cc
  • いりこ・・・30g
  • 昆布・・・4cm四方2枚

作り方(調理時間:60分)

STEP1:出汁をとる

鍋に水を入れて、いりこと昆布を浸してしばらく置いておきましょう。時間があれば一晩おいてもよいです。

中火で煮て、沸騰したら火を止め、昆布を取り出しておきましょう。

煮るときは、いりこの臭みを逃がすために蓋はしないようにしましょう。

STEP2:材料の下準備

鶏もも肉とちくわは一口大に切ります。皮をむいたにんじん、ごぼう、蓮根は乱切りにします。

ごぼうと蓮根は酢水(水)にさらしてアク抜きをしておきましょう。

STEP3:こんにゃくの下準備

こんにゃくは塩少々ふってよくもみ、すりこぎなどでたたいてからさっと水洗いして、一口大に手でちぎりましょう。

塩もみしておくと味がしみやすくなります。

STEP4:炒めて、煮る

厚手なべにごま油を熱し、具材を入れて強火で4~5分炒めます。半分火が通った頃、砂糖、醤油を加えます。

ひたひたまで出汁(500cc~600ccくらい)を入れ、酒を加えて中火で15分ほど煮ます。途中浮いてくるアクは丁寧にすくっておきましょう。

鶏もも肉をやわらかく仕上げたいときは、先に炒めて別皿にとり、野菜が煮えた頃に戻し入れるとよいです。

STEP5:仕上げ

材料が煮えてきたら、みりんを入れて強火で15分~20分ほど煮詰めましょう。照りを出して煮上げます。ちょっと汁が残るくらいでよいです。

焦げ付かないよう注意しましょう。

STEP6:完成

盛り付けて、完成です。

作り方のコツ・注意点

出汁が余ったら、煮沸したビンなどに入れて冷蔵庫で保存しましょう。味噌汁やそうめん用の出汁などに活用できます。

筑前煮は、冷蔵庫で冷やせば旨味たっぷりの出汁がプルプルして、具と絡みやすくなり、冷めても美味しいです。次の日のおつまみに、お弁当にもよいのではないでしょうか。

ちくわはなくても美味しくできますが、あった方がちくわからの出汁もプラスされるし、もちろんちくわも美味しいです。できればにぎりちくわがベストです。

おわりに

筆者宅のリピートメニューになっています。ぜひ参考にしてください。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141102172330 5455ea022e2f7
  • 20141102154338 5455d29a2b99f
  • 20141102154444 5455d2dc9cea5
  • 20141102160605 5455d7dd37967
  • 20141104184245 54589f95d5428
  • 20141102161415 5455d9c7e2266
  • 20141102163448 5455de9840149
  • 20141102171042 5455e702192ad
  • 20141102171659 5455e87b2ec86

本記事は、2014年11月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る