生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. アップルパイの中身をお腹いっぱい食べよう!リンゴのプリザーブの作り方

アップルパイの中身をお腹いっぱい食べよう!リンゴのプリザーブの作り方

2014年11月04日作成

 views

サクサク、トロっとしたリンゴが美味しいアップルパイ。筆者はお店でもよく購入するのですが、中身のリンゴだけもう少し食べたいなあ…と思うこともしばしば。

そんな「アップルパイの中身」への欲求を満たすべく筆者は中身のプリザーブだけ手作りしてストックしています。

今回はコーンスターチのとろみがポイントの「リンゴのプリザーブ」の作り方をご紹介します。

目次

材料(リンゴ1個分)

  • リンゴ・・・1個
  • 砂糖・・・・大さじ3(お好みでOK)
  • バター・・・20g
  • レモン汁・・小さじ1
  • コーンスターチ・・小さじ1
  • 水・・・・・大さじ1
  • シナモン・・少々

作り方(調理時間:15分)

STEP1:リンゴを切る

リンゴは皮を剥いて8等分に切り、1.5cm程のイチョウ切りにします。

STEP2:煮詰める

フライパン又は小鍋を熱し、バターを溶かします。

バターが溶けたらリンゴを加え、上から砂糖を振りかけます。さらにレモン汁を振りかけ、蓋をして弱火で5分程煮詰めていきます。

焦げつかないよう、時々揺すりながら様子を見て下さいね。

STEP3:シナモンを加える

リンゴがしんなりして水分が出てきたら、お好みでシナモンを加えます。

STEP4:とろみをつける

一旦火を止めてから、分量の水で溶いたコーンスターチを回しかけます。再度弱火でとろみがつくまで加熱します。

STEP5:完成!

お皿等に移して、粗熱がとれたら完成です。

作り方のコツ・注意点

ジャムのように大量の砂糖を使っていないので、3日程で食べきるようにして下さいね。

今回は少し柔らかめに仕上げましたが、サクサクした食感がお好みの方は煮詰める時間を調節して下さい。

おわりに

トーストに乗せたりバニラアイスに添えたりと、色々なアレンジも楽しめます。そのまま食べるもよし、中身の少ないアップルパイにプラスするもよし!簡単に作れますのでぜひ試してみて下さい!

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141101124754 545457ea300de
  • 20141101124900 5454582c4c2c0
  • 20141102001120 5454f8184c9ab
  • 20141102001601 5454f931516e0
  • 20141102002004 5454fa249fabb
  • 20141102002548 5454fb7ca6a2d
  • 20141102002843 5454fc2bc8709
  • 20141102003220 5454fd04a4cc1

本記事は、2014年11月04日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る