生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. とうとう日本上陸!「ティム・バートンの世界」展にひと足早く行ってきた

とうとう日本上陸!「ティム・バートンの世界」展にひと足早く行ってきた

2014年10月31日作成

 views

お気に入り

いよいよ2014年11月1日から、六本木・森アーツセンターギャラリーにて、「ティム・バートンの世界」展がスタートします。

『ビーウィーの大冒険』『シザー・ハンズ』『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』『チャーリーとチョコレート工場』など、異質で不思議な世界観を表現している“奇才”ティム・バートン監督。その初期作品やアイデアスケッチなどが見られるとあり、開催前からネットなどでも話題になっていました。

今回は、話題の「ティム・バートンの世界」展の写真付きイベントレポートを、いち早くご紹介します!

「ティム・バートンの世界」展のオリジナルグッズはこちらもチェック!ファン必見!「ティム・バートンの世界」展オリジナルグッズ総まとめ

目次

「ティム・バートンの世界」展って?

「ティム・バートンの世界」展とは、ティム・バートンが幼少期に描いたスケッチやデザインのほか、撮影した秘蔵映像や写真、手紙といいた貴重な資料など約500点を展示する企画展です。

キャラクターの原画やオブジェなどを通じて、ティム・バートンのルーツだけでなく、彼自身の「頭の中」をちらりと覗くような感覚を楽しめます。2009年にニューヨーク近代美術館(MoMA)で開催され、約80万人の入場者数(MoMA史上3番目の入場者数)を記録しました。

今回の日本での「ティム・バートンの世界」展では、これまでの企画展では公開されていなかった作品150点が新たに加わっています。ファンなら必ず見ておきたいですね。

また、この企画展はこれまで時系列ごとに展示されてきたスタイルとは違い、作品のモチーフ・テーマ、プロジェクトごとにセクションがわけられています。つまり、よりティム・バートンの「頭の中」にいるような感覚を楽しめるのです。

セクションは、以下の9つに分かれています。

  • 1:Around the WORLD(アラウンド・ザ・ワールド)
  • 2:Holiday(ホリデー)
  • 3:The Carnivalesque(カーニヴァレスク)
  • 4:Unrealized Pictures(実現しなかったプロジェクト)
  • 5:Film Characters(フィルムキャラクター)
  • 6:Influences(影響を受けた人)
  • 7:Figurative Works:Men,Woman or Creatures?(フィギュア:男?女?生物?)
  • 8:Polaroids(ポラロイド)
  • 9:Misunderstood Outcasts(誤解されがちなアウトサイダー)

1:Around the WORLD(アラウンド・ザ・ワールド)

このセクションでは、ティム・バートンのアイデアスケッチなどが展示されています。

ここで展示されている絵のほとんどは、ティム・バートンの飛行機などでの移動中などに書かれています。そのため、スケッチブックに留まらず、紙ナプキンなどちょっとしたものに描かれた絵もあります。

2:Holiday(ホリデー)

ティム・バートンは少年時代、カリフォルニア州バーバンクで過ごしました。そこで行われていた祝祭日がのちの作品に影響を与えているのでは……と言われています。

ここではそんな「祝祭日」をモチーフに描かれた作品が展示されています。

3:The Carnivalesque(カーニヴァレスク)

ティム・バートンといえば「道化師」「仮面」「つぎはぎ」などのイメージがありますよね。このセクションでは、そんなティム・バートン独特の「グロテスクさ」「コミカルさ」を織り交ぜた作品の数々が展示されています。

ちょっと怖いけれど……どこか憎めない、そんな雰囲気もティム・バートンならではです。あと、やはり赤い鼻のピエロがたくさんいますね。

4:Unrealized Pictures(実現しなかったプロジェクト)

ここでは、ティム・バートンの構想のなかでも、実現しなかった映画作品やテレビ番組、プロジェクトなどのアイデアスケッチが展示されています。

よく見ると『シザー・ハンズ』のエドワードの前身にも思えるキャラクターがいますね。

5:Film Characters(フィルムキャラクター)

この企画展のメインと言ってもいいセクションです。

ここでは、『シザーハンズ』や『チャーリーとチョコレート工場』などの映画作品のもととなったアイデアスケッチなどが展示されています。

映画のキャラクターたちが描かれた作品が続々と登場します。

もちろん、絵だけでなくフィギュアも。『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』でお馴染みの三人組もちゃんといます。

人気作品のキャラクター作品が多いせいか、ほかのセクションに比べてフィギュア登場率が少し高いような気もします。上記はご存知、『チャーリーとチョコレート工場』のウンパルンパです。

こちらは『シザー・ハンズ』のエドワードのアイデアスケッチのようですね。

6:Influences(影響を受けた人)

ここでは、ティム・バートンの初期作品を中心に展示されています。子どもの頃に描いた作品などもあり、ティム・バートンの原点を感じることができます。

幼少期からすでにこのレベル……と思うと、ティム・バートンのすごさを改めて感じます。

7:Figurative Works:Men,Woman or Creatures?(フィギュア:男?女?生物?)

人間や動物、機械、架空の生き物をモチーフとした作品が展示されています。

ティム・バートンといえば、独特の世界観を持つ監督としても有名です。ここでは、ティム・バートン自身の深層心理といったプライベート部分が強く表れているものが多く展示されています。

中には、ティム・バートンの家族や知り合いのカリカチュア(人物画)もあります。

8:Polaroids(ポラロイド)

1992〜1999年にかけて、ティム・バートンが大型インスタントカメラで撮ったポラロイド写真が展示されています。

本業の息抜きとして撮られたものもあり、彼の視覚的テーマが色濃く反映されたものばかりです。

9:Misunderstood Outcasts(誤解されがちなアウトサイダー)

ティム・バートンが描くキャラクターの特徴として、「善良だけど孤独」「現実とかけ離れた世界観」などが挙げられます。

このセクションでは、そうしたティム・バートンのキャラクターたちを描いた作品が展示されています。

『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』のジャックほか、『コープス・ブライド』のエミリーなどのキャラクターが続々登場します。

開催概要

会場 森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
開催期間 2014年11月1日(土)~2015年1月4日(日)※会期中無休
時間 11:00~22:00 ※入館は閉館30分前まで
料金 一般・大学生 1,800円(1,800円)*
中高生 1,300円(1,100円)*
4歳~小学生 800円(600円)*
お問い合わせ 03-5777-8600 ※ハローダイヤル
公式サイト http://www.tim-burton.jp
*全て税込。カッコ内は前売り料金です。
11月5日(水)20:00~22:00、11月25日(火)21:00~22:00は貸切となりますのでご注意ください。
「ティム・バートンの世界」展のオリジナルグッズはこちらもチェック!ファン必見!「ティム・バートンの世界」展オリジナルグッズ総まとめ

(写真:nanapi取材部)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141031164758 54533eae68c2e
  • 20141031152830 54532c0e0ea9f
  • 20141031152048 54532a402e3b7
  • 20141031152642 54532ba2cb940
  • 20141031153146 54532cd28baad
  • 20141031152809 54532bf9b07c0
  • 20141031162437 54533935aad09
  • 20141031162453 5453394586af5
  • 20141031162504 54533950bb305
  • 20141031153829 54532e655b7de
  • 20141031153736 54532e3030c5f
  • 20141031154245 54532f65b560e
  • 20141031162809 54533a0987efe
  • 20141031162844 54533a2c29024
  • 20141031162825 54533a196587e
  • 20141031155349 545331fd82700
  • 20141031155417 54533219a653e
  • 20141031155440 5453323068ae7
  • 20141031155456 5453324066e83
  • 20141031155526 5453325e2fc9f
  • 20141031155643 545332aba7ac0
  • 20141031155544 545332707099e
  • 20141031155559 5453327fb428b
  • 20141031160447 5453348f94bd9
  • 20141031160506 545334a2ccc27
  • 20141031160517 545334adbb9b4
  • 20141031160604 545334dc5f109
  • 20141031160903 5453358f0c15c
  • 20141031160916 5453359c5ba48
  • 20141031160932 545335ac4a349
  • 20141031160948 545335bc34380
  • 20141031161206 5453364655ced
  • 20141031161220 545336543ac67
  • 20141031161240 545336688ea11
  • 20141031161527 5453370fe4c22
  • 20141031161537 54533719d5042
  • 20141031161605 545337352977e
  • 20141031164328 54533da032e73

本記事は、2014年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る