生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 野原でのびのび!静岡県でのバーベキュー探検談

野原でのびのび!静岡県でのバーベキュー探検談

2014年10月31日作成

 views

広々とした野原で、子どもたちを叱ったりすることなくのびのびと遊ばせながらバーベキュー。大自然に癒されながら、大人も子ども幸せなひとときを過ごしてみませんか。

ここでは、静岡県でのバーベキューの体験談をご紹介します。

目次

筆者が経験したバーベキューの概要

  • 訪れたエリア:静岡県の朝霧高原
  • 訪れたスポット:ふもとっぱら
  • 時期:2014年8月
  • 誰と行ったか:子どものお友達3家族(大人:6人、小学生:3人、幼児:3人)
  • 移動手段:車
「ふもとっぱら」の詳細はこちらです。

体験したバーベキューの詳細

バーベキューの計画

「夏休みに元気いっぱいの子ども達を伸び伸び遊ばせてあげたい」と話がでて、バーベキューを計画しました。

今まで色々な計画を立てても子どもが風邪をひいてしまったりして急遽中止せざるを得ないということもあったので、キャンセル料など心配しなくてもいいように、事前に予約しなくても利用することが可能なこちらの施設を利用しました。

当日のスケジュール

朝8時、東名高速海老名SAで集合。お友達に会えて子ども達のテンションも高まります。

10時ごろ「ふもっとぱら」到着。子ども達のために、絵の具と石を用意して、石のペイントを楽しみました。個性的な作品の完成にみんな大満足でした。その間に大人はバーベキューの準備をしました。

11時半ごろ、バーベキュースタート。食べて話して楽しいひととき。子ども達はお腹が満たされると、広大な野原でサッカーやおにごっご、シャボン玉などを思う存分楽しみました。

14時ごろ、すいかわり。男の子達の力強い一撃ですいかは粉々にわれてしまいましたが、みんなでおいしくいただきました。

16時ごろ、片づけをして現地解散しました。

買出しは子連れでは色々大変なので、前日子ども達が幼稚園・小学校に行っている間にママ達で行いました。

バーベキューで作ったもの

  • 焼き物・・・お肉、フランクフルト、えび、いか、とうもろこし、なす、ピーマンなど
  • 炊き込みごはんのおにぎり(家庭用のお鍋とカセットコンロを持っていってご飯を炊いて、おにぎりにしました)
  • 焼きマシュマロ(マシュマロをBBQグリルで炙って少しとけたものとチョコをクラッカーに挟んでたべました。女の子達は大絶賛)
  • 焼き芋

持っていったもの

  • バーベキューセット(炭、炭バサミ、軍手、チャッカマン、網)
  • カセットコンロ
  • 食器(紙皿、紙コップ、お箸)
  • 調理道具(トング、アルミホイル、ラップ、キッチンばさみなど)
  • スクリーンタープ、テーブル、イス、レジャーシート
  • 食材、飲み物、お菓子
  • おもちゃ(絵の具、サッカーボール、シャボン玉など)
  • 上着、着替え、帽子
夏といっても高原はとても涼しかったので、薄い上着は必須アイテムだと思います。

借りたもの

今回は各自で道具を持ち寄ったため、レンタルは利用しませんでした。

かかった費用

  • 施設使用料:3000円(1000円/車1台 x 3台)
  • 食材:8500円程度
  • 炭:750円程度
食材・炭の費用は、3家族で3等分して負担しました。

バーベキューの感想

今まで3家族でレジャースポットにお出かけすることはありましたが、混雑している場所では他の人の迷惑にならないよう、「もう少し静かにしなさい」「暴れるのをやめなさい」などと注意しなくてはならないことも多くありました。

しかし、広い野原でバーベキューをすれば叱ったりする必要もなく、子ども達をのびのびと遊ばせてあげることができ、大人も子どもも終始楽しく過ごすことができました。

また、火おこしをするパパ達を男の子達が手伝ったり、食材の準備をするママ達を女の子達が手伝ったりと、親子で一緒に作業をすることができるのもバーベキューの魅力の1つだと感じました。

これからバーベキューへ行く方へアドバイス

走りまわる子ども達は、あっという間に汗だく・泥まみれになってしましますので、着替えは多めにもっていくとよいと思います。

アウトドアのイスは種類や利用環境によっては転倒しやすいものもあります。小さいお子さんがいる場合には、子ども用にレジャーシートとローテーブルの食事スペースを用意しておくと安心だと思います。

おわりに

大自然の中では、普段の生活の中では経験できない遊びもたくさんあると思います。子供はもちろん、大人も童心にかえっておもいっきり楽しめる、素敵な休日を過ごせますように。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141028121807 544f0aef5387d
  • 20141028112118 544efd9e439d5

本記事は、2014年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る