生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 好きなところだけ食べたいときにおすすめ!「カステラの底だけスイーツ」の作り方

好きなところだけ食べたいときにおすすめ!「カステラの底だけスイーツ」の作り方

2014年10月31日作成

 views

お気に入り

ふわふわでおいしいカステラ。しかし、「カステラの底だけ食べたい!」という方、実は多いのではないでしょうか?香ばしく焼かれたカステラ生地と、じゃりじゃりのザラメの食感で、いつまででも食べていたいおいしさですよね。

しかし、カステラの底を食べるには、カステラ本体を食べなければいけません。もちろん本体もおいしいですが、底だけをたくさん食べたい方には物足りないもの。そこで今回は、「カステラの底だけ」の作り方をご紹介します。ざらめも敷いて、じゃりっとした食感もばっちり味わえますよ。

目次

材料 

  • 卵…2個
  • きび砂糖…100g(白い砂糖に代用OK)
  • ざらめ…30g
  • はちみつ…小さじ1
  • 牛乳…20ml
  • 薄力粉…60g
  • ざらめ(焼く時用)…大さじ4
今回は、生地を18cm×18cmの正方形の型で薄く焼いています。

作り方(調理時間:30分)

STEP1:卵を割る

ボウルに卵を割り入れ、泡立て器でしっかり混ぜます。

白身が残らないように、しっかり混ぜましょう。

STEP2:砂糖を入れて湯せんする

STEP1にきび砂糖、ざらめを入れます。

湯せんをしながら、丁寧に混ぜます。砂糖がしっかり溶けるまで混ぜていきましょう。溶けたら、牛乳を少量ずつ混ぜていきます。

混ぜる目安は、縁が白く泡立ってくるまで。ざらめの粒も、溶けたと思うまでしっかり混ぜて溶かしましょう。

STEP3:生地を作る

STEP2と薄力粉を混ぜて生地を作ります。泡立て器でしっかり空気を含ませましょう。

電動泡立て器、高速モードで3分程度です。生地は、泡立て器を上げると糸のようにすーっと垂れてくる程度になるまで泡立てます。

STEP4:ざらめを散らす

型にクッキングシートを敷き、ざらめを散らします。

ざらめは、少なくても構いません。筆者はざらめが好きなので、今回は多めに入れてみました。

STEP5:生地を型に流し入れる

STEP3の生地を静かに流し入れます。表面に出てきた気泡は、竹串などで突いてつぶしておきましょう。

STEP6:焼く

予熱をしておいた180度のオーブンで、10分焼きます。

STEP7:完成

表面が淡いきつね色になったら完成です。生地がついてこないか竹串で刺して確認してから、切り分けていただきましょう!

作り方のコツ

ひとつひとつの行程を丁寧にすると、仕上がりがきれいになります。

おわりに

カステラの底だけたくさん食べたいときはもちろん、一口だけおやつが食べたいときにも活躍するレシピです。薄いので、ダイエット中の方にもいいかもしれませんね。底にはざらめがついているので、食感も楽しめます。カステラがお好きな方は、ぜひお試しください!

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141031113321 5452f4f16f08a
  • 20141030163950 5451eb46808ee
  • 20141030164014 5451eb5eb7e60
  • 20141030164034 5451eb7267093
  • 20141030164101 5451eb8d8c110
  • 20141030164203 5451ebcb408bf
  • 20141030164232 5451ebe8a9eee
  • 20141030164258 5451ec026e261
  • 20141030164138 5451ebb28aae8
  • 20141030164334 5451ec260f02a
  • 20141030164414 5451ec4eef664
  • 20141031113525 5452f56d9008e

本記事は、2014年10月31日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る