生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. TOEICの点を上げる方法

TOEICの点を上げる方法

2010年12月09日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに ~TOEICとは?~

TOEICとは、「Test of English for International Communication」の略称、つまり国際交流のための英語試験という意味です。

求められるのは英語の知識よりむしろ、コミュニケーション能力といっても過言ではないでしょう。

ここでは、まずTOEICテストは具体的にどのようなものなのか、そして点数をあげるため必ず頭に入れておきたいことを教えます!

A TOEICテストの特徴

TOEICテストでは全ての問題がマークシート方式で行われ、リスニング問題が100問、リーディング問題が100問、計200問を2時間で答えます。

さらに、リスニングは約45分間、設問を1問ごと一気に進んでいくのでリーディング問題は事実上、約75分間で解き切る必要があるのです。

B スピーディに回答していこう!

Aにも述べたとおり、2時間に200問もの問題を解くにはテンポよく答える必要があります。

特にリスニング問題はとんとん拍子で問題が進んでいくので一度迷ってしまうと問題から置いていかれる可能性もありますので、わからなくても迷わずに答えだと感じたものにマークしましょう。

リスニング中に不安に感じた問題に振り向いてはいけません。振り向く時間がありましたら次の問題を聞く頭と心の準備をしましょう。

C 設問や答え候補に目を通そう!

リスニング問題もリーディング問題も設問や答え候補が手掛かりになることが多いです。

リスニング問題では、答え候補の特徴(すべて時刻に関わっているなど)から会話や説明の中から特に聞き出すべき情報を断定でき、また同様なことはリーディング問題にも当てはまり、設問や答え候補から、読み取るところを特定することもできます。

短時間に多くの問題を解くにあたって、このように多くの情報から特定のものを取り出せられる手掛かりは非常に重要です。

おわりに

このようにTOEICテストの問題の全てに通じる特徴と対策を述べましたが、スピーディな回答にはもちろん経験も重要です。

書店などに伺えば、TOEICテストの演習問題集などもありますので目を通すことを強くお勧めします。

最後になりましたが、AmazonのTOEICテスト新公式問題集{Vol.4}へのリンクを貼りました。最後までご覧になってありがとうございます。

 TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉

本記事は、2010年12月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る