生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 喧嘩をした時に仲直りする方法

喧嘩をした時に仲直りする方法

2010年12月09日作成

 views

はじめに

誰でも人の好き嫌いってあると思います。しかし大人になるにつれて、それを露骨に出すことはできなくなりますよね。仕事上嫌いな人ともうまく付き合わなければならない場面もあります。

喧嘩してしまったり、喧嘩までいかなくても意見が食い違ってしまって気まずくなってしまったり…周りとの関係もありますから、仲直りが必要なこともあるでしょう。

今回はそんな方のために、喧嘩してしまった時にどのように仲直りすればいいか。その方法を紹介したいと思います。

喧嘩をしてしまったら

まずは謝る

仲直りの基本はとにかく「ごめんなさい」です。その人と関係を修復したいと思うのなら、相手が悪いと思っていてもこちらから謝りましょう。

だいたい喧嘩まで発展してしまうとお互い感情的になっていて、謝るきっかけをなくしてしまっています。

まずはあなたが冷静さを取り戻し、感情的になって申し訳ないという気持ちを相手に示すことが大切です。

相手の意見にも賛同する姿勢を見せる

喧嘩というのは、2人の意見の食い違いがほとんどの原因でしょう。自分の考えや意見が譲れないから、意地になって喧嘩に発展してしまうのです。

仲直りをする切り口は、「確かにあなたの言うことも一理ありますね。」と多少は賛同する姿勢を見せることです。

自分の意見に賛同してくれたことで、相手の敵意はなくなります。

喧嘩する前の段階で相手の意見も尊重できればなおいいです。そうすることができれば、そもそも喧嘩になどなりませんね。

お互いが納得するまで話し合う

完璧な関係修復を求めるならここまですることが大事です。上辺の関係が修復できればよいというのなら、上記2つの方法で十分です。

お互い冷静になり、相手の考えを多少尊重できても、お互い納得できる解決法を話し合わないといずれまた喧嘩してしまいます。

今回喧嘩してしまった原因を振り返り、今後の対策を当人同士で見いだしていくことが重要です。

おわりに

いかがでしょうか。精神的に大人になることができれば、常に冷静でいられるので喧嘩もしないかもしれません。

しかし自分の意見は譲れないという頑固な方もたくさんいます。そのような方々の仲直りの参考になれば幸いです。

本記事は、2010年12月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る