\ フォローしてね /

保温機能が大活躍!「炊飯器で作るローストビーフ」の作りかた

クリスマスなどのイベントや、おもてなし料理に活躍する「ローストビーフ」。作るのが難しくて、なかなか試せないという方も多いのではないでしょうか?

ところが、実は炊飯器の保温調理を使ってローストビーフを作ることができるんです!作り方も簡単で、試しやすくなっています。

ちょっとした贅沢ご飯にもぴったりな「炊飯器で作るローストビーフ」を作ってみませんか?

材料(2~3人分)

  • 牛モモかたまり肉…250g
  • しょう油…50ml
  • 日本酒…50ml
  • 水…50ml
  • 柚子こしょう…小さじ1/2程度

道具

  • 密封袋
  • 炊飯器
牛肉以外は、調味料を揃えるだけ!柚子こしょうは、お好みの量を使ってみてください。

作り方(調理時間:30分)

STEP1:調味料を混ぜる

調味料は計量カップなどではかり、全て混ぜ合わせておきます。

混ぜ合わせておくことで、味にムラがなくなります。

STEP2:肉を焼く

分量外のサラダ油(小さじ1程度)をフライパンで熱し、肉を焼いていきます。250gの肉だと、片面1分ほどです。

外側の色が白く変わったら、裏返します。裏も1分焼き、横2面も1分程度ずつ焼きます。

中まで火を通さなくてもOK!

STEP3:袋に入れる

お肉を焼いた後のフライパンに、STEP1の調味料を入れて沸騰させます。

次に、密封袋にSTEP2の肉と沸騰させた調味料を入れて、空気をできるだけ抜いて封をします。

STEP4:保温調理をする

炊飯器にSTEP3の密封袋を入れます。お肉がかぶるくらいのお湯を入れたら、保温ボタンを押して10分待ちます。

「炊飯」ではなく「保温」ボタンを押してくださいね。

肉に竹ぐしを刺して、赤い血が出てこなくなったら取り出します。

肉の大きさによって、加熱時間は変わります。250gだと10~20分。500gだと30~40分が良いと思います。

STEP5:冷蔵庫で冷ます

バットなどに入れて、冷蔵庫で3時間以上置きます。

冷蔵庫で長時間ねかせると、味が馴染んでおいしくなります。

STEP6:完成!

食べる際に、包丁でできるだけ薄くスライスして盛り付けたら完成です。

作り方のコツ

おいしく作るコツは火を通しすぎないこと!好みもありますが、中まで火を通さずにレアな状態で仕上げるとおいしく仕上がりますよ。

良い牛肉が手に入ったら、ご褒美ディナーとして作ってみるのもおすすめです。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。