生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. いくらと鮭がポイント!新潟風お雑煮の作り方

いくらと鮭がポイント!新潟風お雑煮の作り方

2014年10月29日作成

 views

お気に入り

筆者の父親は新潟県長岡出身ということで、お正月は新潟風お雑煮を食べて育ちました。新潟風のお雑煮は、野菜、鮭、鶏肉、お餅と具がたっぷりで食べごたえのあるお雑煮です。仕上げにいくらをのせることがポイントです。

新潟県の中でも地域によってお雑煮の作り方は違うようですが、我が家でお正月にいつも食べているレシピをご紹介します。

目次

材料(4人分)

具材

  • お餅:4個(お好みで増量してください)
  • 長ねぎ:1本
  • 大きめにんじん:1/2本
  • ほうれん草:ひと房の1/3〜1/4本
  • 生椎茸:8枚〜10枚
  • 油あげ:1枚
  • かまぼこ:1/2本
  • 塩鮭:2切れ
  • 鶏胸肉(小さめ):お好み
  • こんにゃく:1/2枚
  • いくら:1パック
鶏肉は小さめか、雑煮用のものを選ぶと、カットする手間を省くことができます。
筆者は冷凍ほうれん草を使用しました。レシピの分量は、生ほうれん草の場合の分量です。

だし汁

  • にぼし:適量
  • かつおぶし:適量
  • 昆布:適量
  • 酒:適量:
  • しょうゆ:適量
  • 塩:適量
だし汁のにぼし、かつおぶし、こんぶは、味の濃さの好みで調整してください。

新潟風お雑煮の作り方

STEP1:だし汁をつくる

大きめの鍋に、にぼし、かつおぶし、昆布を入れてだしをとります。できれば前日から鍋に材料を入れ、つけこんでおくと良いです。

鍋を火にかけてだしが出たところで、だし汁をザルやクッキングペーパーでこします。こうすることで、不要物を除いたきれいなだし汁になります。

だし汁の味をみて、酒、しょうゆで味を調整していきます。気がたりない場合は、塩を足すと良いです。

STEP2:具材の下処理をする

油あげはお湯をかけて、油ぬきをします。こんにゃくは、下茹でしておきます。ほうれん草も、生のほうれん草を使用する場合は、下茹でしてから大きさをカットすると良いです。

こんにゃくを下茹ですることで、臭みがなくなり、味の染み込みが良くなります。

STEP3:材料を切る

下処理をした具材をそれぞれ切っていきます。にんじん、こんにゃく、かまぼこ、油あげは、幅1センチ弱の短冊切りにします。

長ねぎは幅1センチ弱の小口切りにし、生椎茸は幅5ミリ前後の薄切りにします。また、ほうれん草は、幅3〜4センチのざく切りにしておきます。

火の通りを一緒にするために、なるべく同じような大きさや薄さになるように揃えると良いです。

STEP4:豆腐に焼き色をつける

豆腐も、他の具材にあわせた大きさに切っていきます。その後、フライパンで焼いて焼き豆腐にします。このとき、事前にキッチンペーパーで水気をふきとっていきます。

フライパンに豆腐を入れたら、最初は強火で焼き目をつけていきます。5分くらいすると、すぐに焼き目がつくと思います。焼き目がついたら、裏返して中火にします。同様にしてもう一方の面も焼いていきます。

裏返す際はフライ返しを使用し、フライパンはテフロン加工やマーブル加工のくっつきにくいフライパンを使用することが、型崩れさせずにひっくり返すコツです。

焼き豆腐にしておくことで、豆腐の煮崩れを防ぐことができます。

STEP5:鍋で煮込む

だしを入れた鍋に、鮭と鶏肉を入れます。火が通ったら、人参、こんにゃく、油あげといった他の具材を鍋に入れ煮込んでいきます。順番としては、固い具材(にんじん等)から順番で入れていくと良いです。

材料を入れたら中火にし、5分〜10分くらいしたら弱火にします。それから材料が柔らかくなるまで15分程度弱火でじっくり煮込んでいきます。

豆腐は崩れないように最後に入れることがポイントです。

STEP6:お餅を焼く

お餅はトースターで焼いて、焼き餅にしてからお雑煮にいれるのが新潟流です。食べたい分量だけ、お餅は焼いてOKです。

STEP7:鍋にお餅を入れて、少々煮込む

焼き餅をいれて、味が染み込むように少し煮込みます。お餅を入れるまでに、他の具材にはしっかり火を通しておきます。

最後に味見をして、だし汁の味をしょうゆや塩等で調整しておきます。

STEP8:いくらをのせる

器によそって、いくらをのせたら完成です!

作る際の注意点

だしを丁寧にとる

お雑煮は、だし汁の味がおいしさを左右します。前日からにぼしやかつおぶし、昆布を水につけだしをとっておくことは、良いだしをだす上で重要です。

具材をそろえる

具材のおいしさをひきだすため、だし汁に味がよく染み出るようにするのが大切です。このため、具材の大きさは揃えるようにしています。

おわりに

具材がたっぷりで、これひとつでもお腹が満たされるお雑煮です。見た目もいくらが加わることで華やかで、お正月というおめでたい席にはぴったりの料理です。

簡単でおいしい新潟風お雑煮、ぜひ作ってみてください。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141016150455 543f6007b9162
  • 20141016151117 543f6185d2e9e
  • 20141016153049 543f66198f41c
  • 20141016153758 543f67c6d4358
  • 20141016153410 543f66e226ce8
  • 20141016154101 543f687d5d9ae
  • 20141016154335 543f6917d20c4
  • 20141016154753 543f6a19a1154
  • 20141016155058 543f6ad2687f0
  • 20141016155341 543f6b75374cb
  • 20141016155323 543f6b63bb6f7

本記事は、2014年10月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る