生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 「~なければならない」から解放されて自由にイキイキと暮らすポイント

「~なければならない」から解放されて自由にイキイキと暮らすポイント

2014年10月21日作成

 views

お気に入り

世の中には「~なければならない」と思って生活している方が意外に多いのではないでしょうか?

良い上司でなければならない
良いメンバーでなければならない
良い親でなければならない
立派な人格でなければならない

それぞれとても素晴らしい心がけだと思いますが、心に負担を感じませんか?

「~なければならない」は「~してはいけない」などにつながり、自分の行動を縛ってしまうかもしれません。それ自体を否定するわけではありませんが、重荷になるくらいなら「~なければならない」からの解放を目指してみてはいかがでしょうか。

自分を縛ってしまう考え方

「~なければならない」は、どちらかというと「引き算」の考え方だと思います。そこが重荷になってしまうのでしょう。

例えば「良い上司でなくてはならない」と考えたとしましょう。良い上司でいるためには、どうすればいいでしょうか?

  • 見本でいなくてはいけない
  • 弱音を吐いてはいけない
  • 常に答えを持っていなくてはいけない
  • 部下より仕事ができなくてはいけない
  • メンバーのことを知らなくてはいけない

などの考えが浮かびますよね。当然立派な考えだと思いますが、その考えに支配されてしまうと、とても息苦しいと感じませんか?

「to do」ではなく「to be」へ

「~でなくてはならない」とは、どちらかというと「to do」だと思います。一方「to be」とは、自分自身が「どうありたいか」ということです。

何かで「ありたい」というマインドは、「縛ること」ではなく「自由であること」だと思います。

それでは、良い上司で「ありたい」と考えたときにはどうでしょうか?

  • 自分自身をメンバーに知ってもらう
  • メンバーのことも知りたくなる
  • 自分の見識を広げておく
  • 自分音弱いところも見てもらう
  • 素直に助けを求める

どうでしょうか?「to do」という発想からは出てこない考え方や行動が出てきませんか?

「to be」で未来をイキイキと!

そもそも「~でありたい」ということは、個人の自由です。

当然「~しなければならない」という縛りも大切ですが、その「to do」で自分を縛りすぎることなく、「to be」という自分のあり方を自由に見つめ直しませんか?

自分の5年後、10年後、20年後の未来がイキイキとして見えてくるのではないでしょうか?

こちらの記事は、専門家プロファイルより黒木昭洋さんにご提供いただきました。
記事提供元:専門家を探せる、相談できる。専門家プロファイル

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141017164854 5440c9e623bb8

本記事は、2014年10月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る