生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 会話がまとまらない・進まない!という悩みは「リスクをとること」で回避しよう

会話がまとまらない・進まない!という悩みは「リスクをとること」で回避しよう

2014年10月21日作成

 views

お気に入り

お客様やメンバー、上司、同僚、取引先など、仕事では様々な方と関わる機会があります。また友人知人関係、親兄弟、夫婦、ご近所付き合い……と、プライベートでも様々な人との関わりがありますよね。

その中で、なかなか話が進まないまとまらないといった悩みを感じたことはないでしょうか?

話がなかなか進まないシーンでどのように対応をすればいいか、考えてみましょう。

リーダーシップとは何か?

話がまとまらないシーンでイニシアチブを取って話を進める能力が、「リーダーシップをとる」能力といえるのではないでしょうか。

もちろんイニシアチブを取るだけが「リーダーシップ」というわけではないと思いますが、今回はこの能力に焦点を絞って話を進めたいと思います。

リーダーシップをとって会話を進めるために

リーダーシップをもって会話をするために必要なのは、知識でも情報でも生まれ持ったセンスや資質でもありません。

リーダーシップは鍛えられるものであり、特別な知識や情報が必要なことではないと思います。

リーダーシップをとるために意識してほしいたった一つのことは、ズバリ「リスクを取ること」を恐れずに進めることではないでしょうか。

筆者の体験談

先日の商談の中で、「これこそリーダーシップをとって話をするということだなあ」と思ったことがありました。

相手は何度か商談を重ねていたお客様で、お客様の作業をアウトソーシングで請け負うことに関する商談でした。

しかし、我々からの提案金額・作業内容と、お客様の要求基準とに開きがあり、なかなか話が前に進まなかったのです。

お客様の要求する作業を請け負うと、我々の中で特別なチーム編成を組まなくてはならなくなり、かつ作業的にも生産性があまり上がらない可能性がありました。お客様の要求基準ではリスクが高く、尻込みしてしまっていたのです。

しかしお客様としては我々にどうしてもお願いしたいということで、アウトソースしたい作業10のうち8までをアウトソースし、残りの2はお客様の中で実施するという提案をしてくださいました。

先方が、社内での生産性がもしかしたら下がるかもしれないというリスクを取ってくださったことで、それまで1ヶ月かけても進まなかった話が一気に動き出し、数日でまとまりました。

リスクを取ることを恐れないマインドを持つために

そうはいっても、人はリスクを取りたがらないと思います。恐れずにリスクを取るためのポイントは2つです。

  • リスクを取る目的が何かを明確にする
  • リスクを取る代わりに相手にもきちんと要求をする

先ほど述べた商談も、この2つのポイントがあったからこそうまく進みました。

日本人は欧米人に比べて、リスクの取り方があまりうまくないといわれています。2つのポイントを意識して自らリスクを取ることで、会話のイニシアチブをとり、リーダーシップを発揮することができるのではないでしょうか。

ビジネスのシーンだけでなく、日常からこれらのポイントを意識してみてくださいね。

こちらの記事は、専門家プロファイルより黒木昭洋さんにご提供いただきました。記事提供元:専門家を探せる、相談できる。専門家プロファイル

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141017154332 5440ba94ab806

本記事は、2014年10月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る