生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon housing不動産・住宅

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 初めてのお部屋・家探しの時のポイント(家族暮らし編)

初めてのお部屋・家探しの時のポイント(家族暮らし編)

2010年12月09日作成

 views

お気に入り

目次

はじめに

家族で暮らしていると、進学、就職、転勤、結婚、出産などで引越しをしなければいけない場合もあると思います。

家を建てる、マンションを買う、賃貸物件を借りるなど、その時々によって、お部屋探しのポイントは変わってくると思います。

今回は、全体的な心構えとしての「初めてのお部屋・家探しのポイント 家族暮らし編」をご紹介します。

一国の主は、奥様!?

家を建てる、マンションを買う、借りる。これは人生の中でも一大事、一大決心が必要なことだと思います。もちろん、旦那様(奥様の場合もあります)のおかげで購入ができます。大感謝です。

でも、おうちに長くいる方が、家の中のことをよく知っていたりしますし、実際に使います。ですので、普段は亭主関白な旦那様も細かい内装などは奥様に任せるくらいの気持ちでいましょう。

女性の方が男性よりも「家に対する執着」があるんだそうです。当然、希望もたくさん出てくると思われます。
もちろん旦那様も譲れないポイントは主張すべきですが、奥様の主張を聞き入れると、あとあと円満な生活ができると思います。
今の時代、色々な働き方がありますので、もちろん旦那様が主夫の場合は、旦那様の意見も多めに取り入れてもらうとよいと思います。

やっぱり環境!

家族で住むのだから、やはり環境が大切だと思います。もし、定住するなら、尚更ですね。買い物、公園、公共施設、交通の便、幼稚園や学校の位置など、地図とにらめっこしましょう。

サーフィンが趣味だから湘南に住んで、職場へは2時間かかってもいい!という方でない限りは、やはり、通勤には1時間以内がよいと思います。家での時間もエンジョイしたいですよね。
主婦は買い物命!できれば、自転車の行動範囲内に何店舗かのスーパーがあるとよいと思います。これで家計がかなり助かるかもしれません。
子どもがいる、将来作りたい場合は、公園、図書館、児童館。公園は小さな頃から遊べますし、図書館は絵本から小説まで借りれます。児童館も遊び場所としてGOOD。

街をくまなく歩く

旦那様、奥様、子どもたちが過ごす場所です。どんなところに何があって、全体的によい場所なのか、自分の足で歩いて確認しましょう。

例えば、誘惑の多い街に住んでおいて、子どもに「行くな」というのは難しいこともあるので、もし、そういった場所から遠ざけたいのであれば、最初からない場所を選ぶ方が得策です。

おわりに

家族でお部屋・家探しとなると簡単に家を変えたり、建て直したりができないので、慎重に探す必要性があると思います。上記にあげた項目以外にも、近隣の状態、地域の特性なども重要だと思います。

「奥様に任せた方がいい」と書きましたが、もちろん、それはご家庭によってのことだと思いますので、最終決定権はどちらかに決めて、たくさん見て、聞いて、調べて、エイッと決められるといいですね。

満足できる家、お部屋探しができますように!

本記事は、2010年12月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る