生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. つらい過去からの前進!失恋を忘れる方法

つらい過去からの前進!失恋を忘れる方法

2014年10月16日作成

 views

お気に入り

片想いで実らなかった失恋、付き合った後に別れた失恋……など、「失恋」にも様々な形がありますが、失恋してつらい気持ちは、その人のことを本気で好きだったからこそ起こるものです。大切な人を失う喪失感から立ち直るのは大変な作業といえます。

ここでは、少しでも早く失恋を忘れ、立ち直るヒントをお知らせします。

思い出を整理する

別れを悔やむ、相手を恨む、自分に幻滅する、のように、失恋後はネガティブに考えがちですが、未練や恨みはあくまでも「相手への固執」であり、余計失恋から逃れることをできなくさせてしまいます。

また、無理に忘れようと意識することで、かえって相手の存在が心の中に甦ってくることにもなります。そんなときはあえて向き合うことも大切です

思いが断ち切れないのは、相手のいいところばかり思い出しているから。ダメになる恋愛には理由があります。お互い何かが足りない相手なのです。

脳科学者の茂木健一郎氏によると、考えるだけでなく、相手の欠点を紙に書き出してみることが有効だとしています。紙に書くことで、改めてその事実を認識することができ、本当にその相手が自分にとって必要だったか客観的に分析することもできるそうなのです。

また、思い出の品を処分したり、失恋相手からできるだけ距離を置くことも、相手にとらわれていた心を切り離すのに効果的です。

手放すことで得るものもあります。「あきらめきって」次に進みましょう。

自分を見つめる

実は失恋というきっかけは、今まで相手のことばかりを気にしていた心が、やっと自分自身に向けられる良い機会なのです。自分の心の問題に積極的に向き合うことで、次の恋に気持ちを切り替えるステップにもなります。

まず、自分のこれまでの恋愛関係に共通点がないか考えてみましょう。自分の好みや好奇心から飛び込む恋愛は、すぐに壁にぶつかることも多いはずです。もし「結婚」まで考えているのならば、その相手とお互いの幸せを求める「共同作業」ができるのか、を考えなくてはなりません。

自分の本当に求めるものを見つめ直すことで、相手に対する考え方も変わってきます。

時には、あなたの良き理解者である友人や家族、カウンセラーなどの信頼できる第三者の助けを得ることも大切です。自分は1人ではないことを知りましょう。

立ち直るのに時間がかかる人もいるでしょう。でも手に入らない恋愛に費やすパワーと時間は自分の為に使いましょう。

おわりに

人は失敗を乗り越えると強くなります。喪失感が大きいほど、それだけ心に余裕ができるのです。

「相手を失った痛みがあるからこそ、次は素敵な出会いがある」と信じましょう。

そして、つらいときに力になってくれた人を大切にしましょう。周りを思いやれるようになったとき、あなたは間違いなく以前より成長を遂げて、次のご縁に向けて前進していると言えます。

(image by 足成)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141014014707 543c020b3625b

本記事は、2014年10月16日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る