生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 子連れで楽しく!青空の下で大自然バーベキューの体験談

子連れで楽しく!青空の下で大自然バーベキューの体験談

2014年10月15日作成

 views

お気に入り

気持ちのいい青空のもと、大自然を感じながら子供たちと思い切り楽しんでみませんか。今回は、子供と一緒に退屈しないバーベキューの方法ご紹介します。

目次

筆者が経験したバーベキューの概要

  • 訪れたエリア:奈良県生駒郡
  • 訪れたスポット:農業公園 信貴山のどか村
  • 時期:2014年8月
  • 誰と行ったか:娘の小学校のお友達家族(大人14人・小学生9人・乳幼児3人)
  • 移動手段:車
農業公園 信貴山のどか村の詳細はこちらです。

体験したバーベキューの詳細

バーベキューの計画

娘の幼稚園時代のお友達と久しぶりの同窓会として計画しました。小さな子供がいたので、屋根付きの施設で広々とした場所を調べ、1か月前に予約しました。

当日のスケジュール

朝9時に近隣の大型スーパーに集合。足りないものは、その場で買い足してから現地へ向かいました。

10時半に到着。まずは子供の遊びを用意。スーパーボールすくいやお絵かきをさせました。一人の大人が監視役として付き添い、その他の大人はバーベキューの準備をしました。

12時にバーベキューの開始。子供たちはレジャーシートに座らせ、ローテーブルにお皿を並べて先に食べさせました。その後は水鉄砲を渡し、水鉄砲大会。大人はその間に子供を横目に見つつ、ゆったりと食事を楽しみました。

14時にすいか割り大会。意外に割れないので大盛り上がり。

14時半、お菓子を景品に輪投げ大会後、おやつタイム。

15時グループ対抗おえかき伝言ゲーム。大人を3グループほどに分け、それぞれ指定された異なるキャラクターを絵で描いて次の人に伝える。最後の人の絵を披露し、子供たちが当てることができたら勝ち。意外な絵心を知り、爆笑したり尊敬のまなざしをむけたりした楽しい時間でした。

バーベキューで作ったもの

  • 焼き芋
  • 焼肉
  • 焼き鳥
  • きのこのホイル焼き
  • 焼きプリングルス
  • ポップコーン

持っていったもの

  • 会場作り(タープ、簡易テーブル、レジャーシート)
  • バーベキューセット(炭、網、炭用トング、肉用トング、軍手、チャッカマン、着火剤、うちわ)
  • 食器(紙皿、紙コップ、お箸)
  • 調理道具(アルミホイル、ラップ、キッチンばさみ)
  • 食材(牛肉・焼き鳥・豚肉・野菜・ソーセージ・きのこ等)
  • 飲み物(ジュース、お酒、お茶)
  • おもちゃ(水鉄砲、すいか、すいか割りの棒、輪投げセット、スーパーボールすくい用簡易プール、スーパーボール、ダイソーで購入したスーパーボールすくい、らくがき帳、マジックペン数本)
  • お菓子(小分けできるもの等一家族400円分)
  • 着替え(防寒具から靴まで)
  • 雨具

借りたもの

  • バーベキューコンロ(備え付け)
  • 椅子、テーブル(備え付け)

かかった費用

  • 食材:5000円
  • デイキャンプ場利用料金(大人1000円、子供600円)

バーベキューの感想

広々とした名前通り「のどか」な場所で、気持ちよく過ごすことができました。芝生のある場所で丘もあるので、子供たちは元気よく登り降り。水鉄砲を手に延々と遊びまわっていました。

場内は動物園、釣りやアスレチック広場もあり、子供が退屈することはないと思います。子供は「広い場所とお友達がいれば他には何もいらない!」という子達なので、大人が計画した催しの他の時間はずっと走り回るだけでした。

また、普段見ることのできない虫やカナヘビを捕まえて子供たちは大興奮!持って帰りたい!持って帰っちゃダメ!の母子の攻防もみられました。

バーベキューはお父さん方が張り切って取り仕切ってくれたので、ママ達は子供たちの元気に遊ぶ姿をのんびり眺めながら、食べてしゃべって食べて食べて・・・大人数でのバーベキューは初めてでしたが、これからはまりそうです。

これからバーベキューへ行く方へアドバイス

子連れでのバーベキューには、着替えを持参して、水を使った遊びを是非入れてあげてください。濡れても大らかでいられるのは、外遊びならでは。動き回りたいなら水鉄砲、傍でジッとさせておきたいときはスーパーボールすくいがおすすめですよ。

スーパーボールはネットで大容量のものが安価で売られています。ポイはダイソーのものを愛用しています。

今回、急なにわか雨が降りましたが、バーベキュー場内は屋根付き、また開いた場所にワンタッチタープで遊ぶ場所を作っておいたので子供は退屈知らずでした。

タープの持ち込みは、場所によって制限されるかもしれませんが、日よけにもいいですよ。

おわりに

自然の中で遊ぶと子供は大きく育つといいます。子供はのびのびわんぱくに、大人は小鳥のさえずりを聞き癒されに。自然を身近に感じられるバーベキューは、筆者宅の恒例行事になりそうです。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141010124316 543755d428096
  • 20141010130335 54375a971b5b0

本記事は、2014年10月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る