生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 100円均一商品を活用!ナチュラルでかわいいクリスマスリースの作り方

100円均一商品を活用!ナチュラルでかわいいクリスマスリースの作り方

2014年10月15日作成

 views

お気に入り

100円均一ショップや300円均一ショップの商品を上手に活用した、クリスマスリースの作り方です。リースは白木を使い、ゴールドとブラウンを基調としたシックでナチュラルな雰囲気のクリスマスリースです。

シックにも、華やかにもみえるクリスマスリースなので、お部屋のインテリアのテイストに関わらず飾っていただけるリースです。

目次

用意するもの

  • リース土台(白い木のリース。直径24センチ。100円均一商品)
  • ボールチェーン(100円均一商品)
  • リボン(ブラウン・ゴールド。幅1.5センチ)
  • ワイヤー(ブラウン24)
  • 接着剤(グルーガン本体・グルースティック茶色と無色。100円均一商品)
  • ひも(リースをつるす用。100円均一商品)
  • 枝(庭の木の枝)
  • ホチキス
  • はさみ
グルーガンはすぐ使用できるよう、事前にあたためておきます。

花材

  • 松かさ(茶色1個、ベルベット2個、雪ふりベルベット1個・ドライフラワー)
  • ゴールドボール(松かさとゴールドボールは300円ショップで箱売り)
  • りんごピック(1個・ドライフラワー)
  • シナモンスティック(1本・ドライフラワー)
  • ユーカリの実(1個・プリザーブドフラワー)
  • スターアニス(2個・ドライフラワー)
  • 白樺スター(2個・ドライフラワー)
  • ワタガラ(1個・ドライフラワー)
  • ヒムロスギ(グリーン少々・プリザーブドフラワー)

プリザーブドフラワーとドライフラワーで分けて表記していますが、プリザーブドフラワーは大きく分けるとドライフラワーの一種です。特別な加工を施して、染色や長持ちするようにしている花材がプリザーブドフラワーです。

材料は、100円均一や300円均一ショップの商品を多く活用しています。クリスマスシーズンになると毎年、さまざまな素材が出るので、その中から活用できそうなものをうまく利用すると、材料費を経済的に抑えることができます。

枝に関しては、なかなか良い枝が売っているのが見当たらなかったので、筆者は自宅の庭の木の枝を使うことにしました。

白木のクリスマスリースの作り方

STEP1:花材をワイヤリングする

松かさや、ゴールドボール、シナモンスティックや、ユーカリの実、ワタガラは、ワイヤリングをしましょう。

ワイヤリングとは、ワイヤーを材料に巻きつける作業のことです。

松ぼっくりや、ワタガラなどは、ワイヤーの真ん中あたりを根もとにぐるぐる巻きつけ、ワイヤーを半分に折りねじります。巻きつけた後は、グルー(接着剤)で接着しましょう。

ユーカリの実など、根もとにワイヤーを巻きつけられないものは、ワイヤーを直接グルーで接着します。

STEP2:ゴールドリボンでリボンを作成する

リースにつけるリボンを作成します。ゴールドのリボンを写真のように折りたたみ、折り重なっている中央をホチキスで固定します。

それにリボンの足となる2枚をホチキスでとめて、リボンの完成です。

STEP3:リースにリボンとチェーンを巻きつけて接着する

リースの上部中央真上にひもを巻き付け、飾るときに吊るす場所を確保します。

次に、リースの周囲にブラウンのリボンとゴールドチェーンをそれぞれ巻きつけ、グルーで接着します。ブラウンのリボンとゴールドチェーンの巻き具合が多少重なるようにして、同じような巻き具合にすると、きれいに仕上がります。

STEP4:リースに枝とヒムロスギを配置して固定する

枝を実際にリースの下部に配置し、位置を確認します。ヒムロスギを枝の左側にワイヤーで固定します。ヒムロスギもグルーで接着します。

まだ枝はリースに固定しません。

枝の長さにより、リースのどの部位に枝がかかるかは変わってきます。自然な枝の形を利用し、多少曲がっていたり、2股にわかれていても、それを利用すると、よりナチュラルなリースに仕上がります。

STEP5:順々に花材を枝に固定し巻きつけていく

枝に左側から順々に花材料を固定していきます。まだリースと枝は固定されていませんが、リースの上に枝を置いて作業すると、出来上がりがイメージしやすくなります。

ひとつひとつ、花材の配置する位置が決まったら、ワイヤーで枝に巻きつけ、グルーで固定していきます。

花材の位置は、上記詳細図を参考にしてください。

すべての花材が枝に接着できたら、リースの下部に枝を配置し、枝をひもでリースにぐるぐる巻きつけ固定します。その後グルーで接着します。

STEP6:リボン・白樺スター・スターアニスをリースに接着する

先ほど作ったゴールドリボンをリース上部左側にグルーで接着します。リース右側には、白樺スターとスターアニスを交互にグルーで接着します。

最後に、これまで接着した花材や材料がしっかりリースに接着できているか確認をして、接着が弱いところは、グルーで接着します。

STEP7:完成

完成です!

飾り方

ナチュラルなリースなので、玄関のドアはもちろんのこと、部屋の壁にも合います。リース上部に、飾るためのひもをつけてあるので、それを利用して吊るしてみてください。

作り方の注意点

材料がリースにきちんと接着できていないと、飾ったときに材料がとれてしまうこともあるので、しっかり材料が接着できていることが大事です。最終的な仕上げの段階で、材料がきちんとぐらぐらしないように接着できているか見直すと良いでしょう。

特に、枝や松かさ、ゴールドボール、シナモンなどは重みがあるので、落ちやすいので接着によりいっそうの注意が必要です。

ワイヤリングが難しい場合には、グルーを多めにしましょう。グルーが多めだと、ワイヤーと材料が固定されやすくなるのでおすすめです。

グルースティックの色は、枝に接着する花材を接着するときは、茶色を使用しましょう。それ以外で、リースに直接接着する材料のときは、無色のグルースティックを使用しましょう。

グルーガン本体もスティックの茶色、無色(白)も、100円均一で購入できます。

おわりに

このクリスマスリースは、ナチュラルでありながら、存在感のある華やかなクリスマスリースを作ろうと思い考案しました。ここで紹介した材料通りに作らなくても、家にあるクリスマスツリーのオーナメントや、庭に落ちている松ぼっくり等を利用しても、オリジナルのクリスマスリースを作ることができます。

リースの基本的な作り方は、リースの土台に、材料を接着することで完成するので、このリースの作り方を参考にオリジナルのリースを作ってもらえたら嬉しいです。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141005161250 5430ef728e4f6
  • 20141015151210 543e103a7a610
  • 20141005165027 5430f84379bed
  • 20141005165008 5430f830c8720
  • 20141005165330 5430f8fa3d4c8
  • 20141015151456 543e10e0e1236
  • 20141015151620 543e11341f5cc
  • 20141015151658 543e115ac0812
  • 20141005170815 5430fc6fdc405
  • 20141015151756 543e119450943
  • 20141015152001 543e121166d57
  • 20141015152100 543e124c96b1b
  • 20141005172127 5430ff875129b

本記事は、2014年10月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る