生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3. 就職・転職に有利で独立開業も可能!「社会保険労務士」資格取得の体験談

就職・転職に有利で独立開業も可能!「社会保険労務士」資格取得の体験談

2014年10月09日作成

 views

お気に入り

各企業では社会保険手続きや労務管理、給与計算などを行っています。これらを適切に行うには関連する法律の専門知識が必要です。社会保険労務士はそういった法律を熟知し、企業内部においてまたは事務所を構えて各企業の顧問として活躍する国家資格です。

そこで今回は、社会保険労務士の資格取得の体験談をご紹介します。

目次

取得している資格について

資格の概要

  • 資格:社会保険労務士
  • 取得時期:2009年11月
  • 受検料:9000円

社会保険や労働に関する法律の知識を問われる資格です。合格率は毎年ほぼ10%を切っており、合格すれば高く評価され、社会保険手続きや労務管理などを行う職種への転職において有利になります。

受検のきっかけ

筆者が法学部出身のため法律に関してはある程度の下地があったという事と、事務系の職種への転職を考えていた事がきっかけでした。

当時アルバイトとして働いており、労働時間が短く勉強に充てる時間を確保する事が容易だったという点も大きいです。

資格取得をおすすめする理由

この資格を取得するメリット

独立開業が可能であると同時に就職や転職においても評価される資格であるという事が大きなメリットです。企業内で活躍する場合は資格手当が支給されるようになり、独立開業すれば先生と呼ばれるようになります。

他の士業資格よりも比較的短期間の勉強で取得しやすいというのもメリットの1つです。

とってよかったと思った体験談

地方在住のため近くに資格試験学校が無く、受講料を払う経済的余裕も無かったため教材を買いそろえて独学で勉強をして2回目の受験で合格しました。

合格後にちょうど社会保険関係の知識を使う内容の事務系の求人を見つけ応募しました。そして書類選考に通過し、面接を受けて採用されました。

それまでは書類選考にすら通過しない事が多かったため、社会保険労務士の資格を取得した事が功を奏しました。

これから取得しようと考えている方へアドバイス

社会保険労務士試験の勉強の仕方は、基本書の熟読と過去問演習が中心になります。試験は択一式と選択式に分かれています。過去の傾向から6割から7割程度が合格ラインであるため、難問は後回しにして基本から標準レベルの問題を確実に正解できるような方向で勉強するのが手っ取り早いです。

また足切りラインがあり、選択式では足切りラインがやや厳しめです。しかし難易度によって足切りラインが引き下げられる事があるため、やはり基本から標準レベルの問題を確実に正解する事が鍵になります。

合格後はこの資格と関係のある求人へ自信を持って応募しましょう。特に社会保険労務士の有資格者を限定して募集している求人があったらチャンスです。

おわりに

社会保険労務士は取得がそれほど簡単ではありませんが、きちんと勉強すれば無理なく取得できる資格です。合格後も比較的需要が多いため、就職や転職では有利に働きます。

ぜひ参考にしてください。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141009141749 54361a7dbe60b

本記事は、2014年10月09日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る