生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 【女性向け】女子大生が本気で選ぶ彼氏への初めての本命クリスマスプレゼント

【女性向け】女子大生が本気で選ぶ彼氏への初めての本命クリスマスプレゼント

2014年10月08日作成

 views

女子大生のみなさん、彼氏へのクリスマスプレゼントはもう用意できましたか?

中には初めてクリスマスプレゼントを選ぶというひとも少なくないはず。大学生ともなればプレゼントの予算も上がるし、彼氏に満足してもらいたい気持ちも大きくなりますよね。

ここでは、彼氏への本命プレゼントに悩む女子大生のために、おすすめのクリスマスプレゼントを彼氏のタイプ別にご紹介したいと思います!本気度全開ですよ!

目次

草食系男子

ゼンハイザー・ヘッドホン

趣味は読書・音楽鑑賞・古着屋めぐり。もの静かで恋愛には消極的な「草食系男子」。

音楽好きでオシャレさんな彼には、ファッション性のあるヘッドホンはいかがでしょうか。高音質のものを選べば彼も大興奮です。

音楽好きならこだわりもあるはずなので、リサーチも忘れずにしておきましょう!

リア充系男子

カルバンクライン・腕時計

花火に海にバーベキュー、イベント好きで遊びに大忙し、ザ・大学生感のある「リア充系男子」。

友達が多い彼には、みんなに自慢できるオシャレな腕時計がいいかも。彼の好きなブランドをよくチェックして、自慢の彼女になっちゃいましょう!

オタク系男子

ニクソン・バックパック

アニメや漫画、ゲームが大好き!ネットと2次元の世界に居場所を持つこだわりの強い「オタク系男子」。

おすすめなのは、もちろんアニメグッズ、ゲーム、漫画やDVDなどですが、趣味に対するこだわりが強い彼には、安易に選ばずしっかりリサーチするのがポイント。

好みがわからない場合、オタクのトレードマークであるリュックサックなどの実用的なものもおすすめ。周りのオタクたちと差がつくオシャレリュックをプレゼントしてあげましょう。

リュックは、大きめでポケットのたくさんある実用性の高いものが喜ばれます。

意識高い系男子

ラルフローレン・名刺入れ

愛読書はビジネス書や自己啓発本。ボランティアや起業、インターンや学生団体などの活動に積極的な「意識高い系男子」。

そんな彼には、人脈作りに役立つ名刺入れや、就活に役立つスケジュール帳、手帳などがおすすめです。質の高いブランドを選んでプレゼントすれば、「デキる男っぽさ」を求める彼は大喜びです。

体育会系男子

Jawbone・ライフログリストバンド

彼女そっちのけで毎日部活に燃える「体育会系男子」。

毎日トレーニングが欠かせない彼には、やっぱりスポーツ関連アイテムがおすすめ。今流行のリストバンド型活動量計や、シューズバッグなど実用性のあるスポーツグッズ。

オフの日を狙ったスポーツ観戦チケットなどもいいかもしれません。

年上社会人系男子

ポールスミス・ネクタイピン

ついつい甘えたくなっちゃう頼れるオトナな「年上社会人系彼氏」。

年下のあなたからのプレゼントですから、高いものよりは心のこもったプレゼントがおすすめ。腕によりをかけて手料理を振舞ってはどうでしょうか。とにかく彼への一生懸命さが伝われば、「可愛いなあ」とキュンとくること間違いなし!

どうしても不器用で手作りはちょっと…という人は、ネクタイとネクタイピンなど、ビジネス小物もおすすめ。小物であれば、ちょっといいブランドのものでも高すぎず、抵抗なく受け取ってもらえそうです。

年下子犬系男子

パーカー・ボールペン

頼りないけど可愛くて、ついつい尽くしてあげたくなっちゃう、母性本能をくすぐる「年下子犬系彼氏」。

こんな彼へのプレゼントで注意したいのが、手編みのマフラーや手作り料理など「母親感」が出てしまうもの。尽くしたい気持ちはわかりますが、彼にとってあなたが「お母さん」ポジションになってしまう危険も!?

ポイントは、質の高い「ちょっといいもの」を選ぶこと。例えばブランド物のキーケースや高級ボールペンなど、彼が自分では買わないような高めのアイテムがおすすめです!

あまりに高いものは彼が引け目を感じてしまうので避けましょう。

大学生らしく「ちょっといいもの」がベスト

大学生になれば、バイトも自由にできるし、使うお金の額も高校生に比べて格段に上がるはず。かといって、5万以上もするような高すぎるプレゼントは彼のほうがが逆に萎縮してしまうかも。

相手からのプレゼントと値段の差がつくのも考え物なので、高すぎず安すぎない1万~3万円以内の「ちょっといいもの」がベストです。

金銭的に厳しい場合は、プレゼントの値段を下げて、代わりに手作り料理をプレゼントにする!というのもありですね。なんにしろ、心がこもったプレゼントが1番だと思います。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141001145734 542b97cebd685
  • 909827a6 1b06 45df b92d a2c5ff4d80d9
  • 17e5c966 f2b2 4c69 a0a8 aadf0d52cae7
  • 19761675 cc27 4afd afcb 599dc8846c6a
  • Cbcfee31 cd8c 499e 9cbf 0d2cbb241681
  • Ff5f5017 87a1 47b1 92e1 b11e35137fbe
  • 6733b5a3 3fb9 4c60 a615 5b4d74b2afb8
  • 9b849827 a4cf 4c74 a148 fabbc588b406

本記事は、2014年10月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る