生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. ハロウィンに!フォトフレームを使った簡単な影絵アートの作り方

ハロウィンに!フォトフレームを使った簡単な影絵アートの作り方

2014年10月06日作成

 views

お気に入り

落ちついた雰囲気でハロウィンをいろどる影絵の作り方を紹介します。短時間で簡単に作れます。

目次

道具と材料

  • フォトフレーム(※フレームだけにしておく)
  • コピー用紙:1枚
  • 画用紙か厚紙:1枚
  • はさみ
  • 鉛筆
  • のり
  • カッター
  • マスキングテープかセロテープ

ハロウィン用飾りの作り方

STEP1:フォトフレームにコピー紙を貼る

額縁にぴったりとあうよう、フォトフレームの表側にコピー紙を貼り付けます。

適当な位置で紙を切り、裏面に紙が出すぎないようにハサミで切ります。そして裏面をテープでとめていきます。

表にむけたときに、シワがないようになっていることが大切です。

STEP2:厚紙に絵を描く

画用紙か厚紙を、フォトフレームに入るぐらいの大きさに切り、影絵にして浮かび上がらせたい絵を描いていきます。今回はネコと月をメインに描いてみました。

できるだけ、シルエットになったときにフォルムがよく出るわかりやすいモチーフがいいと思います。

カッターで切る作業があるので、複雑すぎると大変になります。

STEP3:カッターで切って貼り付ける

カッターでシルエットを切っていきます。カッターを使うときは十分気をつけましょう。力に任せず、カッターを手前にスッとひくように切っていきます。

細かい部分はカッターの方向を変えるなどして切りましょう。

モチーフの角は、サウンドペーパーで丸くするとより綺麗になります。
必ず厚紙などを下に敷いてカッターを使いましょう。

切ったモチーフは、フォトフレームに内側から貼り付けていきます。表に向けたときに綺麗に見えるように配置します。

配置場所が決まったらノリづけしていきましょう。これで出来上がりです。

作った飾りの飾り方

後ろから照らす光は何でも大丈夫ですが、淡い暖色系の光源だとより落ち着いた印象になります。

今回はこのライトを使います。ライトの近くにフォトフレームを置いて完成です。

ライトとフォトフレームの距離を調節すれば、雰囲気を変えることができますので、工夫してみましょう。

あまりライトの近くに置くと熱くなりすぎて危険なので、ある程度は離しましょう。

作り方に関するアドバイス

自由に色々な影絵を作ることができて楽しいですが、カッターを多用しますので十分に気をつけましょう。また、フォトフレームはテープで装着しているので、再利用できます。

ペンで色を塗ってみたり、ライトの色を複数使ってみたりすると、面白い作品ができそうです。

おわりに

玄関や部屋の片隅に置けば、部屋の雰囲気が変わります。ハロウィンのちょっとしたアクセントとして作ってみてはいかがでしょうか。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140928190256 5427dcd03232a
  • 20140928191413 5427df75ea7e8
  • 20140928192143 5427e13778b4a
  • 20140928192405 5427e1c5c67fc
  • 20140928193444 5427e444d5920
  • 20140928194113 5427e5c9804ec
  • 20140928194610 5427e6f2b43df
  • 20140928195311 5427e897b4844
  • 20140928190446 5427dd3e89119

本記事は、2014年10月06日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る