生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. めんどくさがりでもできる!簡単ネクタイ収納方法

めんどくさがりでもできる!簡単ネクタイ収納方法

2014年10月01日作成

 views

使い始めた最初の頃は優しく扱い、クルクルとたたんでちゃんとタンスの中に並べていたネクタイも、だんだんと扱いが雑になっていった経験はありませんか?

筆者は大雑把な性格で、毎度毎度丁寧に収納し続けるのは面倒だと感じてしまいます。でも、しっかり収納しないと、シワや歪み、取り出しづらさに影響してきますよね。

ここでは、そんな筆者でも続けられた、ネクタイの簡単収納術をご紹介します。

目次

必要な道具

  • ハンガー:1つ
  • ネクタイ
ハンガー1つあたり、10本近くのネクタイがかけられます。

ネクタイを収納する方法

STEP1:収納スペースを確保する

ハンガーを掛ける場所を決めます。自分が出し入れしやすく、使いやすい場所を選ぶのがポイントです。場所を決めたらハンガーをかけます。

手持ちのハンガーとネクタイのサイズによりますが、ハンガーが掛けられてネクタイが地面に擦れない程度の、縦80cm以上・横10cm以上・奥50cm以上のスペースがあれば十分です。

筆者は物干し竿を使って掛けています。

STEP2:ネクタイを掛ける

ハンガーにネクタイを順番に掛けていきます。

シワがつかないよう、ネジレが無いか確認しながら1本1本ゆっくり丁寧に配置します。

STEP3:完成

ネクタイが滑り落ちず、きれいに並べられたら完成です。

ハウツーを実践する上で注意するべき点・アドバイス

収納場所

タンスの中だと虫食いの可能性が高いので、エモン掛けに収納するのがおすすめです。

多少ほこりが付きやすくなりますが、使うときに軽く払えば大丈夫です。

バランスよく掛ける

ネクタイを掛けるにあたって、バランスが悪いとズルズルと滑り落ちてしまうのが唯一のデメリットです。

この場合、ネクタイの太い方を短めに掛けるとバランスが取れて安定しやすいです。

おわりに

この方法なら金銭的にも効率的にも良いので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140926135137 5424f0d9449fe
  • 20140926135244 5424f11c433a9
  • 20140926135344 5424f1582d553
  • 20140926140932 5424f50c582d4
  • 20140909121044 540e6fb45ba11

本記事は、2014年10月01日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る