生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. お酒のシメにも!「柚子こしょうの塩鶏お茶漬け」の作りかた

お酒のシメにも!「柚子こしょうの塩鶏お茶漬け」の作りかた

2014年09月30日作成

 views

ピリッとした味わいの柚子こしょう。お茶漬けのトッピングとしてアクセントづけをした「柚子こしょうの塩鶏お茶漬け」は大人の味です。

お酒のシメにもオススメのお茶漬けを作ってみませんか?

材料(3~4人分)

  • ご飯:1~2合
  • 鶏むね肉:1枚
  • 塩:小さじ1/2
  • きび砂糖(砂糖でもOK):小さじ1/2
  • 日本酒:25ml
  • だしパック:1パック
  • お湯:500ml程度
  • えごま:適宜
  • 釜あげしらす:適宜
  • 柚子こしょう:1人あたり小さじ1/4程度
だしは千代の一番を使いました。白だしなどで代用できます。

作り方(調理時間:20分)

STEP1:鶏肉を開く

鶏むね肉は、包丁で開きます。

火が通りやすくなるため、包丁で開いておきます。

STEP2:加熱する

鍋に鶏むね肉、日本酒、塩、きび砂糖を入れて全体を揉みこんだ後、加熱します。

中火で加熱した後、ふつふつしてきたら弱火にして2分程度。鶏肉の色が白っぽく変わってきたら裏返します。

裏返したら、弱火にして1分。ほんのり白っぽく変わったら火をとめます。

本来の塩鶏の作りかたではないですが、色が変わったら火をとめてしまいます。ポイントは、加熱しすぎないこと。後から追加で加熱するので、赤い部分があっても火を止めてしまいます。

STEP3:鶏肉をほぐす

STEP2の鶏むね肉をほぐして、火が通った部分、通っていない部分に分けます。

火が通っていない部分を追加加熱。弱火で赤い部分がなくなるまで(大体2分弱)加熱します。

このくらいになったらOKです。あとは余熱で火を通します。

加熱しすぎないことで、パサつきを防ぐことができます。

STEP4:だし汁を用意する

急須にだしパックを入れて、その上からお湯を入れてだし汁を用意しておきます。

簡単にだしパックで準備しています。かつおぶしや昆布などで、丁寧にだし汁を取って、準備してもOKです。

STEP5:完成!

器に好きな分量のご飯を盛って、その上にSTEP3の鶏肉、釜あげしらすを乗せて、えごまをパラっとかけて柚子こしょうを乗せます。

静かにだし汁を注いだら完成です!

作り方のコツ・注意点

だし汁、えごま、釜あげしらす、塩鶏をトレイに乗せて、好きな量だけ乗せるスタイルで提供しても楽しいです。

これ以外のトッピングだと、輪切りのねぎ、いりごま、わさびや千切りの海苔なども合います。

柚子こしょうがピリッとした大人のお茶漬けなので、食欲がないときやお酒のシメにもぜひ合わせてみてください!

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140925160748 5423bf44703fd
  • 20140925160930 5423bfaac7b07
  • 20140925160948 5423bfbcd27f0
  • 20140925161004 5423bfcc68b5c
  • 20140925161037 5423bfed25d07
  • 20140925161108 5423c00ca49c1
  • 20140925161155 5423c03be5e63
  • 20140925161133 5423c025d152c
  • 20140925161210 5423c04a58caf
  • 20140925160748 5423bf44703fd
  • 20140925160847 5423bf7f46879

本記事は、2014年09月30日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る