生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 150cmと180cmどっちを選べばいいの?クリスマスツリーを選ぶときのポイント

150cmと180cmどっちを選べばいいの?クリスマスツリーを選ぶときのポイント

2014年09月29日作成

 views

1年に1度飾られるクリスマスツリーは、クリスマス気分を盛り上げるのに必要不可欠なアイテムですよね。クリスマスツリーにはさまざまなタイプがありますが、飾るものによってそれぞれ印象が変わってきます。

クリスマスツリーを選ぶとき、「150cmと180cmどっちがいいの?」「置くスペースが狭いんだけど飾れるかな?」など、疑問に思うこともあると思います。

そんな方のために、ここではクリスマスツリーを選ぶときのポイントと、ちょっと変わったクリスマスツリーをご紹介します。クリスマスツリー選びで失敗したくない人は必見ですよ!

目次

高さを決めよう

クリスマスツリーには60cmくらいのものから3m以上するものまで、いろいろな高さがあります。どの高さを選んだらいいのでしょうか。

高さはツリートップを含んだ数字

クリスマスツリーを選ぶとき、まずは120cm、150cmなど高さを参考にしますよね。ここで注意したいのが、この高さは星を飾るツリートップを含んだ高さということです。

「150cmならそれなりに高さあるよな」と思って購入しても、ツリートップ分があるので、実際は140cm程度に感じてしまうようです。実物を見ずに購入する場合は注意が必要ですね。

どちらを購入するか迷ったときは、大きい方を選んだほうがガッカリしなくてすむかもしれません!

一般家庭用なら150cmか180cm

家庭用に購入を考えているなら、150cmか180cmのクリスマスツリーがちょうどいいでしょう。リビングに飾るのに最適なサイズです。

150cmならそれほど場所をとらずに飾れますし、子どもだけでもオーナメントを飾ることができます。180cmならボリューム感のある立派なクリスマスツリーになり、大人も協力して一緒に飾りつけができます。

「150cmだと小さいけど180cmもいらないな」という場合は150cmを購入し、台の上に乗せて高さを調節しましょう。

テーブルに置くなら120cm以下

クリスマスツリーを飾る場所は家庭によって違うと思いますが、テーブルの上に飾る場合は120cm以下のクリスマスツリーにするとバランスがとれます。

一般的なテーブルの高さは70cm前後です。その上に乗せることを考えると、安定性や見た目が良いのは120cm以下になります。

テーブルの上に置くことを想定して作られた「卓上ツリー」や「ミニツリー」もあるのでそちらもチェックしてみてください!

3m以上は業務用

3m以上のクリスマスツリーは業務用になるようですが、一般の人でも通販などで購入できます。

施設などのホールやお店に飾るなら、3m以上のものがおすすめです。お店の入り口に置いてあるツリーは最低でも180cm以上のツリーが多いようです。3m以上のものを飾れば、その迫力でお客さんがたくさん来るかもしれませんね!

また吹き抜けがあったり天井が高い家に住んでいる方も、ぜひ3mのクリスマスツリーを飾ってゴージャスなクリスマスを過ごしてみてください。子どもが大喜びしそうですね!

形を決めよう

高さが決まったら次はツリーのタイプを選びます。大きく分けてスタンダード、スリム、ワイドの3種類です。

スタンダードタイプ

「これぞクリスマスツリー!」というスタンダードな形のツリーです。初めてクリスマスツリーを購入する方や、絶対に失敗したくない方は迷わずスタンダードを選ぶのがおすすめです。

スリムタイプ

「少し違うデザインのものがいい」「ツリーにあまり場所をとれない」という場合はスリムタイプがいいでしょう。スタンダードタイプより細身でスタイリッシュなデザインは、空間を都会的で洗練されたイメージにします。飾るときに場所をあまりとらないので狭い部屋でも飾れますよ。

ワイドタイプ

「ツリーはボリュームが命でしょ!」という方にはワイドタイプのツリーがおすすめです。ワイドタイプは飾る場所を多少とるものの、ボリュームがあるのでゴージャスなツリーになります。クリスマス気分を盛り上げるのに最適ですね!

ポット付きのツリーも

「細部までとことんこだわりたい」という方は、ポット付きのツリーを選ぶといいでしょう。

ツリーの下部分は、たいてい専用のマットなどで隠すと思いますが、少し物足りないですよね。ポット付きのツリーは高級感があり、ツリーの下部まで整った印象を与えます!

変わり種クリスマスツリー

「普通のツリーじゃ物足りない!」という方にオススメなちょっと変わったクリスマスツリーをご紹介します。

ホワイトツリー

緑色のもみの木ではなく、まるで雪をかぶったような、真っ白なツリーです。オーナメントがよく映えそうですね。

雪があまり降らない地域でもホワイトクリスマスの雰囲気が味わえるのではないでしょうか。

ファイバーツリー

ファイバー素材でできているツリーは、枝そのものが光ります。部屋を暗くしても楽しめるので、小さなお子さんが喜びそうです。派手なクリスマスツリーが好きな方も要チェックですよ!

LEDライトタワーツリー

LEDライトで作られたタワー型のツリーです。飾りを必要としないシンプルさがカッコイイですね。モード系インテリアが好きな方におすすめです。

スリムタイプと同様に、小さいスペースでも飾ることができます。

ポインセチアツリー

全部ポインセチアの花でつくられているポインセチアツリーです。真っ赤なカラーは相当なインパクトがありますが、可愛さと上品さも兼ね備わっています。

自分にぴったりのツリーを見つけて!

クリスマスツリーは毎年買うものではないので、満足するものを購入したいですよね。飾るスペースとイメージを考え、最適なクリスマスツリーを選んでくださいね!

(image by PresenPic)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140924112213 54222ad56d7ef

本記事は、2014年09月29日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る