生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 20代~30代の男女別!合コンでウケるモテ趣味ランキング

20代~30代の男女別!合コンでウケるモテ趣味ランキング

合コンなどで、必ず話題になる「趣味」の話。そこで今回は、20代から30代の異性にウケのよいモテる趣味をランキング化してご紹介。ジョギングや音楽鑑賞など、さまざまな趣味がありますが、幅広く受け入れられる趣味はどんなものがあるのでしょうか?男性別、女性別に分けたうえで、モテる趣味にはどんなものがあるのか、またその理由をユーザーの回答から探りました。

2014年09月26日作成

 views

初対面の人との飲み会の席や合コンの席で、必ずといっていいほど聞かれるのが「ご趣味はなんですか?」「休日は何してるの?」という質問。本当は家でだらだらと寝ているだけだとしても、正直に「家で寝てます」などとは答えられないのがツラいところ。

とはいえ、「趣味はありません」「趣味は仕事です」などと言っても相手もリアクションをとりづらいもの。どうせなら、ウケのいい趣味を答えたいですよね・

そこで今回は株式会社ゲイン「RANKING PENGUIN」実際にモテて恋人をゲットした人のリアルな趣味ランキングから、モテるために始めるべき趣味を男女別にご紹介します。

目次

モテる趣味ランキング:男性部門5~2位

5位:ジョギング

毎日走って記録がのびていくのが楽しい(男性30代)

さわやか!そして健康的!と好印象をゲットできるのがスポーツの趣味。特にストイックでありながら自分との戦いでもあるジョギングは、女性からのポイントが高いようです。

また、毎朝ジョギングをすることで同じくジョギングをしている女性との新たな出会いに恵まれる……なんてことも。「記録がのびていくのが面白いんだよね」という台詞で向上心もアピールできそうです。

「ジョギングに対するモチベーションがわかない」という人は、専用のウェアとシューズを購入して形から入るのもあり。自分のイケてるウェア姿を前に、走らずにはいられなくなるはずですよ。

4位:ドライブ

好きな人と知らない所へいったりおいしい食べ物を食べるんが楽しい(男性30代)

「これが嫌いな女性はいない!」といっても過言ではないドライブ。ひとりでもふたりでも楽しめるドライブは、アクティブなうえにセンスのいい印象もありますよね。さらに「楽しい場所をたくさん知っていそう…」と、女性の好奇心をくすぐります。

「ドライブ」といわれただけで自然と助手席に乗る自分の姿をイメージしてしまうのが女性。相手に恋人として印象づけたいならぴったりの趣味ですね。

ドライブが趣味というと、たいてい「車持ってるの?」と聞いてくる女性が多いはずです……が、実際に車そのものに興味のある女性はほとんどいません。退屈に思われてしまうので、車について熱く語るのは控えたほうが無難です。

3位:映画鑑賞

時間があれば1人でも観に行く。ジャンルは特にこだわりはなく、予告等で興味があるものは観ている。(男性30代)

「映画をよく観るかな…」と答えるのはさほどハードルが高くなく、それでいて小粋に見せる趣味でもあります。外出せずにDVDを大量に借りて休日に観ているだけだとしても、立派な映画鑑賞になります。

また、話題作やメジャーな作品などを中心に見ておけば、相手との話を広げやすいのも嬉しいポイント。相手との距離を縮めるにはマストな趣味です。

映画でも洋画のアクションを観る女性はあまり多くありません。初めのうちは定番の映画をあげて話を合わせておくのがベター。観る映画に困っている人はこちらを参考にしてみるのもよさそうです。「[nanapi:109681]

2位:テレビゲーム・携帯ゲーム

気分転換になるため。恋人と一緒に遊べるため。(男性20代)

テレビや携帯などのゲームが好きな人も多くいますよね。ゲーム好きにとって、お互いの趣味を共有できるのは嬉しいところ。ゲームの話をして相手が興味をもっている様子ならしめたもの。

特に携帯ゲームなら趣味としてのハードルも低く、家でまったりと楽しみやすいですよね。自分と相性のいい相手を見つけたいときに公言しておきたい趣味ナンバーワンです。

ただし、ゲームに興味のない女性はまったく興味がありません。気軽に始められる定番のスマホアプリのゲームをオススメするところから始めましょう。
全体的に見ると、男性はアクティブではつらつとしている趣味の印象がいいようですね。

モテる趣味ランキング:女性部門5~2位

5位:読書

漫画本を読みながらお酒を飲むのが一番ゆっくり出来るから。(女性30代)

休日に外に一歩も出たくなくても、本は読めます。インドアな人にぴったりな読書の趣味は、もっとも無難なチョイス。ときには教養のある女性に見てもらえることも。

まったく本を読まないという人は少ないので、一通り定番の作品を読んでおくと「どんな作家が好き?」という話題で盛り上がれるので、話が広がりやすいのも特徴です。

小説はハードルが高いなら、漫画から始めてみましょう!

読む小説に迷ったら、男性ファンも多い東野圭吾・伊坂幸太郎・宮部みゆき・村上春樹・百田尚樹の著作から始めるのがおすすめ。共通の話題ができやすくなります。ただしハルキスト(村上春樹の熱いファン)の場合は語りだすこともあるので、安易に手を出さないほうがよさそう。

4位:音楽鑑賞

ライブにいくのが好き(女性30代)

「音楽を聴くのが好き」という人は、自分の世界観を持っているような印象を与えられます。共通のアーティストが好きだと、初対面の人が相手でも話が弾みそうですね。

また「ライブによく行く」というとアクティブ感があるところもイメージアップにつながります。意気投合すれば「一緒に行こう」という会話の流れにもなるので、誘いやすく・誘われやすい趣味でもあります。

「どんな曲が好き?」「これー!」という展開に持ち込んで、イヤフォンを片耳ずつはめるという高度なテクニックを試すチャンスもありますね!

3位:料理

彼と同棲し始めてから料理するようになり、美味しいと言ってもらえるし、もっといろんな料理に挑戦してみたくなったから。(女性30代)

女性らしさナンバーワンの趣味といっても過言ではないのが「料理」の趣味。料理好きを公言するのは王道のモテアピールのひとつでもあります。男性から定評のある趣味なので、ほとんどはずすことはないでしょう。

「どんな料理が得意?」「今度食べさせて」などと会話を展開しやすいのもいいですね。得意料理を聞かれたらすぐに答えられるように、料理写真を撮っておくと◎です。

ただし、「料理が趣味なの」という発言は狙いすぎている感じもあるため、そこは上手にカバーを。「この間どうしてもロールキャベツが食べたくなって作ったの!」と食欲と一緒にアピールすればあざとくなりません。

2位:ショッピング

町に出てお店を見るだけでも楽しいし、気に入ったものを見つけて購入出来たら嬉しいので(女性20代)

アクティブでありながらお洒落でもある「ショッピング」の趣味。だいたいの女性はお買い物が大好きなので、ショッピングが嫌いという人のほうが少ないかもしれません。趣味を聞かれて考え込んでしまうようなら「ショッピングかな」と話しておけば、それ以上突っ込まれることもありません。

「ショッピング」という言葉の裏には、ファッションセンスのよさもそこはかとなく漂っていますね。

あまりにも「ショッピングが好き!」と伝えると、自分磨きに莫大なお金を費やしていると思われるリスクもあります。要所要所でユニクロでもお洒落に着こなしているという謙虚なアピールも必要です。
全体的に見ると、女性は自分の世界観をもっている、女性らしい趣味が好印象のようです。

男女ともに大人気の趣味1位は…

1位:旅行

いろんな場所に行って、様々な体験ができることは楽しいから。(男性20代)

旅行は、非日常的な感覚になれるからすき。毎年2回は彼と旅行すると決めています。(女性20代)

男女ともにモテる趣味ナンバーワンは共通して「旅行」でした。旅行が趣味と聞くと、視野が広く偏見のない楽しい人といったイメージになるそう。また、活動的でありながら自由に行動できるチャーミングさもポイントのようです。

さらに、旅先で出会った人とそのまま付き合うことに……なんてことも。老若男女問わず出会いの幅が広い趣味なので、始めておくに越したことはなさそうです。

一方で婚活市場においては一人旅が趣味だと答えるのはネックという声も。「お金がかかりそう」「私or俺をおいてひとりで海外に遊びにいくつもりなのか」などとあまり印象がよくない場合もあるのだとか。旅行という趣味を許容してくれる人かどうか、見極めてから伝えると◎!

「共有できる」「わかりやすい」がモテ趣味の鍵!

モテる趣味のポイントはふたつ。「一緒に共有できること」そして「わかりやすくメジャーなものであること」のようです。あまりにもマイナーな趣味だと、相手に伝わりにくく引かれてしまうこともあります。

趣味がない人も、これで「休日は何してるの?」なんて聞かれてもばっちり答えられそうですね!

(image by amanaimages1 2 3 4)
(ライター:小林リズム)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141006130112 543214083cb71
  • 20140926104737 5424c5b9a56b1
  • 20140926112809 5424cf3949d9f
  • 20140926122859 5424dd7b88197

本記事は、2014年09月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る