生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 中国地方の最高峰!鳥取県大山への旅行体験談

中国地方の最高峰!鳥取県大山への旅行体験談

2014年09月26日作成

 views

鳥取県といえば、鳥取砂丘や梨、かに、鬼太郎・・・といったところを想像する人が多いのではないでしょうか。実は、鳥取県にはまだまだたくさんの素敵な見どころがあります!

それが今回紹介する大山(だいせん)です。決して「おおやま」ではありません!筆者の鳥取県大山旅行の体験談をご紹介します。

目次

大山(だいせん)って?

鳥取県にある標高1709mもある山のことで、中国地方最高峰となっています。

その美麗な姿から、「伯耆富士」や「出雲富士」などとも呼ばれているそうです。

筆者が経験した大山旅行の概要

  • 旅行時期:6月後半
  • 旅行日程:1泊2日
  • 誰と行ったか:母と2人
  • 移動手段:米子駅から親戚の車を借りる
  • 訪れたエリア:鳥取県大山

親戚が大山のふもとの米子に住んでいるため、そこを拠点にして動きました。この旅行では1日目は大山登山、2日目はとっとり花回廊に行きました。

旅行詳細

大山登山

1日目の大山登山は、夏山登山道というもっともポピュラーな大山の登山道を使って登りました。登山口までは車で行きます。登山口の近くには大山寺という有名なお寺もあります。筆者は行けませんでしたが、余裕のある方は行ってみても良いと思います。

山登り素人の母と筆者2人、ひいひい言いながらも何とか4時間ほどで頂上までたどり着くことができました。登山中の景色も絶景で、緑豊かな山肌やふもと町を一望することができました。

途中に「これが階段…?」と言いたくなるような場所もありますが、鎖をつたったり、絶壁を登るというところはないので、素人でも登りやすい山ではないかと思いました。

とはいっても山は山ですので、登山靴や登山にふさわしい格好、準備を忘れずにしていくことが大切です。筆者はジャージにスニーカーという、登山者としてはあまりほめられない格好で行ってしまいました。ジャージはまだ動きやすい分良かったのですが、靴は登山用の靴が最適だと思います。

そして、当たり前ですが登山道に自動販売機はありません。余裕をもって、1~2リットルほどの水(お茶やスポーツドリンク)、糖分補給のためのお菓子や飴、お弁当などの食料を忘れずに持っていくことが大切です。

また、山の天気は変わりやすいので雨具は必須です。

大山への登山届は、インターネットもしくはFAX、郵送で提出できます。筆者達は登山届を事前に提出し忘れていましたが、夏山登山道のところに登山届記入・提出できる場所があったので、そこで記入して提出できました。

ちなみに、入山料は無料です。

公式サイト:大山登山マニュアル

とっとり花回廊

とっとり花回廊は、「日本最大級のフラワーパーク」の言葉に違わず、とても大きなフラワーパークです。園内にはミニトレインが走っていたりして、可愛らしい印象です。また、大山のふもとという事もあり風も涼しく、「風光明媚」という言葉がしっくりきます。

雨の日でも楽しめるよう、園内には屋根つきの回廊があり、お花を見ることのできる温室ドームもそろっています。筆者が訪れた6月末では、スカシユリや薔薇の花が美しかったのを覚えています。

とっとり花回廊の入場料は、大人1人1000円です。ただし、時間帯や時期によって多少変わるようです。また、筆者達は平日に行ったため、余り混んでおらず、ゆっくりと楽しむことができました。

公式サイト:とっとり花回廊

旅行の良かったところ・イマイチだったところ

良かったところ

大山登山もとっとり花回廊も、どちらも見どころが多く楽しかったです。

大山は、頂上付近のダイセンキャラボクの林と、景色を一望できるポイントがお気に入りです。また、とっとり花回廊は季節によってさまざまな花が咲くので、何度行ってみてもそのたびに新たな発見ができるテーマパークだと思いました。

イマイチだったところ

大山、とっとり花回廊どちらとも交通の便はよくありません。自家用車やレンタカーで回るのがおすすめです。

これから大山に行く方へアドバイス

大山は冬季に近づくにつれてどんどん涼しくなっていくので、上着を忘れずに!

夏でも、長袖の上着1枚は持っておいた方がいいと思います。

おわりに

大山は夏は避暑地として、冬はスキーなどのスポーツ地として、大変楽しめる山です。また、大山周辺のテーマパークも非常に充実しています!

ぜひ行ってみてくださいね!

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140918141001 541a69298374b
  • 20140918150456 541a76080f4b3
  • 20140918150858 541a76fa0e2e6
  • 20140918151525 541a787ddd7b6
  • 20140918151647 541a78cf84a42
  • 20140918151746 541a790a9b6c4

本記事は、2014年09月26日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る