生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. さんまをキレイに食べるとモテる?焼き魚を美しく食べる方法

さんまをキレイに食べるとモテる?焼き魚を美しく食べる方法

2014年09月25日作成

 views

秋は特にサンマが美味しい季節ですね。「今日の夕飯は秋刀魚の塩焼きよ」なんて言われたい男性も多いのではないでしょうか?

ところで、ほかの魚よりも小骨の多いサンマ、食べにくいと思ったことはありませんか。サンマに限らず、魚を丁寧に食べられないと、お皿の上で残骸がぐちゃぐちゃに……なんてことになりかねません。

そこで今回は、サンマにも応用できる「魚の上手な食べ方」をご紹介します。

目次

さんまを上手に食べて狂喜乱舞している人の声

とはいえ「やっぱりさんまを上手に食べるのは難しそう…」と気がめいっている人もいるかもしれません。そこで、これからさんまを綺麗に食べるモチベーションをアップさせるために「さんまを綺麗に食べた!」という人の喜びの声をご紹介します。

「綺麗ですね!」と言いたくなってしまう店員さんの気持ち、わかります!さんまのあらわになった骨の美しさが素敵ですね。

少々骨折していますが、こちらのさんまの食べ方も美しい!きれいに食べられると思わず写真におさめたくなってしまいますね。

こちらはチェーン店の定食のさんまだとか。一緒に食べた相手がこんなに上手に食べていたら感動しそうです。

それでは、さんまにももちろん応用できる、基本の「魚の上手な食べ方」を見ていきましょう!

これでOK!覚えておきたい「魚の上手な食べ方」

1:箸で切れ目をいれる

まず最初に、魚の中心にある中骨にそって、頭から尾にかけて箸で切れ目を入れていきましょう。中骨は、中心部よりやや上のほうにあります。

2:上の身を頭側からはがす

切り込みを入れた上の身の部分を頭側からはがしながら食べていきましょう。中骨にそって切れ込みをいれてあるので、スムーズに身をはずすことができます。

3:お腹の身を頭側からはがす

上の身を食べ終えたら、次はふっくらとしているお腹の身にとりかかります。魚の胸びれのつけ根の硬いところを抑えて手前に開きます。

頭の部分から尾にかけて開いていきましょう。上の部分と腹の部分の身がはずれ、中骨全体があらわになります。腹の部分の身をはずしながら食べていってくださいね。

このとき、腹の身の部分にある食べられない大きさの小骨もまとめて箸で取り去るのがベター。手前から奥に向けると骨がとりやすいですよ。

さんまの塩焼きの場合は、はらわたも食べるのがマナーです。なるべく食べるようにしましょう。

4:中骨と頭をはずす

尾のほうから中骨を頭も含めてはずしていきます。箸で身を押さえながらはずすとスルリと簡単にとれますよ。また、胸びれの骨や小骨などもまとめて皿の端に置いておくときれいな皿の上をキープできます。

口に入った骨を手でとるのはアウト。どうしても取り除きたい場合は、左手で口元を隠して箸で小骨をとってくださいね。どうしてもはらわたが食べられない場合は、このときに骨といっしょに皿の端に置きましょう

5:えら付近や太い骨をはずす

中骨をはずし終えたら、えらの近くやお腹の部分の太い骨をはずしていきましょう。このとき、小骨までしっかり取り除くことができるとより食べやすくなります。また、ラクだからといって魚を裏返して食べるのはマナー違反。しっかりと骨をはずしてから腹の身を食べてくださいね。

6:ごちそうさまでした!

食べ終えるとお皿の端に集めた骨や小骨と頭だけが残ります。とっても綺麗な状態ですよね。また、「小骨がのどに詰まったらご飯を飲み込めばいい」という迷信がありますがこれは危険です。

ご飯を飲み込むと小骨の刺さった傷口を広げてしまって余計に痛めてしまうこともあります。鏡を見て手で取り除いたり、ひどい場合はお医者さんに診てもらうようにしましょう。

どうしても不器用な人は…さんまの骨まで愛して?

さんまの骨はさほど太くないので、注意して食べれば食べられる。(手作りTipsより)

「不器用でお箸が上手に使えない」「頑張ってみたけど難しい」という人の最終手段が骨もすべて食べてしまうこと!実は、さんまの骨はほかの魚と比べてやわらかいと言われています。そのため「骨まで食べてしまう」人も多いのだとか。なかには頭まで食べてしまうという強者も…!

小さなお子さんや歯のないお年寄りにとっては、どんなに骨がやわらかくても危険です。必ず取り除いてくださいね!

さんまの食べ方=育ちのよさ?

魚を食べる機会が少ないからといって油断するべからず。取引先との会食や、恋人の家族との食事会など、重要なシーンで魚が出されることもあるかもしれません。綺麗な食べ方をする人は育ちがよく見えますし、大人という感じがしますよね。

いざというときのために、この秋はさんまをたくさん食べて食べ方をマスターしましょう!

魚の食べ方イメージは、ニッスイ 活き活きおさかなスクール様の「あじの食べ方」動画から引用させていただきました。

(image by 写真AC)

この記事で使われている画像一覧

  • 20141007174929 5433a919b3c12
  • 20140925115605 54238445e1c4a
  • 20140925121331 5423885b10860
  • 20140925122408 54238ad83262d
  • 20140925122851 54238bf32db6a
  • 20140925123237 54238cd54bb62
  • 20140925124411 54238f8b61fed
  • 20140925125401 542391d9c372c

本記事は、2014年09月25日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る