生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. バーベキュー場でホイルで簡単!鮭のしそチーズ焼きの作り方

バーベキュー場でホイルで簡単!鮭のしそチーズ焼きの作り方

2014年09月24日作成

 views

バーベキュー場でホイルを使って簡単に作れる鮭のしそチーズ焼きのレシピをご紹介します。

シンプルな味付けが多いバーベキュー場での食事で、目先を変えられるさっぱりこってりな一品です。

目次

筆者のバーベキュー体験

筆者はさんまも焼いたことがあります。野外で食べるのは肉も魚介もおいしいですよね。

紹介する料理について

七輪など炭火で焼く居酒屋によくホイル焼きメニューがあり、それをヒントに作ってみました。

材料(1人分)

  • 鮭・・・一切
  • スライスチーズ・・・1枚
  • しそ・・・2枚
  • 塩胡椒・・・少々
  • サラダ油・・・少々
  • アルミホイル

作り方(調理時間:15分)

STEP1:アルミホイルにサラダ油を塗る

アルミホイルに焦げ付きを抑えるため、サラダオイルを塗ります。

STEP2:ホイルの上に食材を置く

鮭に潮胡椒をまぶしてアルミホイルに乗せます。写真は真ん中に置いてますが、鮭はアルミホイルの真ん中より上に置くと包みやすいです。

鮭の上にしそ、チーズの順に乗せます。しそから乗せるのは、しそが焦げすぎず蒸し焼きになるようにするため、しその風味がこの料理の決め手になるからです。

チーズは鮭の大きさにもよりますが、2枚くらいたっぷり乗せてもよし。とろけるチーズでもOKです。

STEP3:ホイルで包む

ホイルで包みます。鮭を真ん中よりずらして置いた事で、真ん中でホイルを折り、横と上を交互に折って包みます。このように、平たくなるように包むと、中に火が通りやすく焼きやすくなります。

STEP4:焼く

さて、いよいよ。焼きます。バーベキュー場では網に直火なのですが、家での再現レシピなので、フライパンです。

フライパンではよく火が通るように蓋をします。加熱しすぎるとコンロが自動的に切れたり火の大きさが落ちるので、適当にフライパンに水を乾いたら足すようにすると、しっかり火が通ります。

出来上がりに近くなると中の材料からの蒸気で、アルミホイルが膨らんできます。

ホイルで焼くと、焼くというより蒸すに近いので、ちょっと長く焼きすぎたかな?と思っても大丈夫です。

STEP5:完成

完成です。焼肉のたれで食べる事の多いバーベキュー場で、しそでさっぱり、チーズでこってりな飽きない一品になっています。

作り方のコツ・注意点

生焼けだったとき、アルミが破れて使えない場合は、アルミの外からさらにアルミで包んで焼くと良いです。

保冷やジップロック等で密封すれば、家からホイルで包むまでして下拵えして持って行く事は可能ですが、しそはやはり魚や塩胡椒に触れると、水分や風味が抜けると思いますので、バーベキュー場で調理した方がいいでしょう。

おわりに

ぜひ参考にしてください。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140918175759 541a9e97b5d5d
  • 20140918175735 541a9e7f7ef5d
  • 20140918175737 541a9e81c55f4
  • 20140918175741 541a9e85a4b04
  • 20140918175746 541a9e8a10882
  • 20140918181429 541aa27525639
  • 20140918175753 541a9e91e7acc
  • 20140918175759 541a9e97b5d5d

本記事は、2014年09月24日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る