生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon businessビジネス・経済

  1.  
  2.  
  3.  
  4. Web制作会社の人必見!経営が安定しないのには5つの理由があった

Web制作会社の人必見!経営が安定しないのには5つの理由があった

2014年09月19日作成

 views

Web業界に夢をもって起業したにもかかわらず、面白いものを自社で開発したり、好きなことをやったりというのが夢のまた夢になってませんか?

思うように経営がうまくいかないのはどうしてなのでしょうか?まずは5つのチェック項目で、自社の経営不安定度を診断してみましょう。

Web制作会社の経営が安定しない5つの理由

以下の5つのチェック項目にいくつあてはまるかで、自社の経営不安定度を自己診断できます。

1:受託案件が多くて先の保証がない

受託とは、お客様から頼まれた仕事を引き受けること。依頼がない限り仕事は発生しません。

しかも、成果物を納品してお金を頂くまでには最低でも2、3ヶ月はかかります。その間の資金繰りは切実な問題です。

2:過酷な労働環境で人が流動的

毎日遅くまで残業で、辞めて行く社員も多数。会社はその都度コストをかけて求人をしなければならず、またゼロからの新人教育が必要になります。

人材が足りない間のタスクは残っている他の社員に集中。その結果また新たな退職者が出る……という悪循環になってしまいます。

3:可視化できないサービスが多い

例えばデータ管理・電話相談・即日対応など、顧客のために行っているサービスは沢山ありますよね。それを可視化していないとまず自分達が把握できません。

しかも当然顧客にもサービスを受けているという認識は生まれないので、請求もできません。

4:金額交渉できる人がいない

「クリエイションは得意だけれど、価格交渉や新規開拓をできるのは経営者ひとりだけ」という制作会社もあります。

現場にいるクリエイターは顧客の役に立ちたいと必死に努力しているので、報酬に見合わない労働となってしまいます。

5:顧客が利益を出せずお金もまわってこない

顧客もWebで成果が出ないと予算を上げる決断ができません。

ところが企業のWeb担当者の多くは広報など様々な業務を兼任しており、効果的なWeb戦略を立てる時間がとれません。そうすると思うような利益や成果を出せなくて予算がつかないということになってしまいます。

まとめ

上記5つ、あなたの会社はどのくらいあてはまりましたか?

「うちの会社はほとんど当てはまる……どうしよう……?!」と落ち込んでしまった人。その心配は無用です!問題には必ず解決策がありますので、まずは一つずつ問題に取り組み、改善させていきましょう!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140924183716 542290cca7b74

本記事は、2014年09月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る