生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon family家族・人間関係

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 相談された時『できない!』とは言ってはならない

相談された時『できない!』とは言ってはならない

2014年09月08日作成

 views

自分で何かを判断するとき『できない』と判断するのは悪いことではないと思います。

けれど、誰かが目指していることに対して『できないから辞めたほうがいい。』とは絶対に言わないほうがいいです。

そういった言葉が出るということは、あなたが勝手に相手の能力を「目標には到達できないレベルだ」と決めつけているということなのです。

助言して背中を押してくれる人は味方になってくれるはず

何かを人に相談した時『できないから辞めたほうがいい。』と言われたことはないでしょうか。それは真に受けないほうがいいですし、そういった人と時間を共有することはお勧めしません。

誰かのやろうとしてる事に対して簡単に『できないから辞めたほうがいい。』と言う言葉を使うという事は、相談を受けた人の能力では『できない』だけだからです。その人から学べる事はなにもないでしょう。

相談を持ちかけた時『できるよ!』と一緒に考えてくれたり学べる人と付き合っていたほうが良いことは間違いありません。その方が目標に近づけるし共に楽しい時間を共有できるはずです。

アドバイスをする立場のときも気をつけよう

相談を受ける時は絶対に『できない』と言わないようにしましょう。人からの相談を受ける事は自分の能力アップにとても大切な事です。

相手の目標に的確に助言できる能力はその人の願いを叶える能力でありとても素晴らしい能力です。その能力の向上のためにも絶対に『できない』は言わないようにしましょう。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140916140731 5417c5935cfb1

本記事は、2014年09月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る