生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 太陽のにおいはダニのにおい?「知りたくなかった雑学」が本当かどうか調べてみた

太陽のにおいはダニのにおい?「知りたくなかった雑学」が本当かどうか調べてみた

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

「人の顔面にはダニがいる」「タバコを吸うと5分30秒寿命が縮む」など、よくネットでは「知りたくなかった雑学」が出回っています。

どれもびっくりするネタばかりで、できれば信じたくありませんよね。そこで今回は、いくつかの「知りたくなかった雑学」が本当なのかどうかを調べてみました。

食べ物に関する雑学

お菓子などに使われる赤い色の原料は虫

お菓子などのパッケージ裏に着色料などが書かれてありますが、「コチニール色素」と表示されているのを見たことはあるでしょうか?

この着色料は、じつは「コチニールカイガラムシ」という虫からできています。コチニールカイガラムシを乾燥させ、水やエタノールなどで抽出したものが、私たちが食べているものの色素になっています。

なので「お菓子の赤い色は虫からできている」という噂はほぼ真実といえますが、すべての赤い着色料が虫というわけではありません。「コチニール色素の原料は虫」が正解です。

ネギトロは、マグロでなく赤マンボウが使われている

一般的にネギトロといえばマグロのトロというイメージだと思いますが、「ネギトロはマグロでなく赤マンボウである」という説があります。これは本当なのでしょうか。

現在のネギトロは本マグロではなく、ビンチョウマグロなどの安価なマグロに調味料や着色料を入れて作られてものが多いそうです。また、マグロに色や味が似た「赤マンボウ」が使われたネギトロがあるそうです。

すべてのネギトロが赤マンボウというわけではないですが、噂は半分本当だといえますね。

赤マンボウはマンボウではなく、マンダイと呼ばれるアカマンボウ科の魚です。

ビール一杯で脳細胞が100万個死ぬ

アルコールが脳細胞を殺してしまうという説を聞いたことはあるでしょうか。ビール大好きな人はドキッとしてしまう話ですね。しかしこれは嘘であることが科学的に証明されています。

Grethe Jensen氏が1993年に行った研究によれば、アルコール中毒だった人とそうでない人の脳細胞にはとくに違いが見られなかったそうです。「アルコールは脳細胞を殺すのではなく、働きを抑制する」というのが正しい説明です。

昏睡状態になるまで飲み続けてしまえば脳に影響が及んでしまうので、お酒はほどほどに。

コカ・コーラを飲むと歯や骨が溶ける

「酸が含まれる液体はカルシウムやマグネシウムを溶かす」という化学反応がありますが、どうやら「コーラを飲むと骨が溶ける」という噂はこのことからきているようです。

コーラにかぎらず清涼飲料には酸味料が含まれています。このような酸を含んでいる液体に長い時間魚の骨などをつけておくと、たしかにカルシウムなどが溶けます。

しかし清涼飲料を飲むときに液体が骨に触れることはありませんし、口にずっと含んでいるわけではないので歯が溶けることもありません。よってこれは嘘だということがわかります。

身体に関する雑学

メイクを落とさないで寝ると10日分肌が老ける

「メイクを落とさないと10日分肌が老化する」という噂を、女性なら1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。毎日が忙しく、メイクを落とさないで寝がちな人にとっては本当か嘘か気になりますよね。

結論からいうと、肌年齢に影響するのは本当だそうです。化粧を長時間しているとだんだん酸化した油分などが肌を痛めます。

どれくらい老化するかは個人差があるので「10日分」とは言い切れませんが、くすみやシミができるなど、肌は確実に老化しているのです。

1度老化したお肌は3週間以上しっかりとケアをしないと元のキメは戻らないそうです。どんなに疲れていても絶対にメイクだけは落として寝たいですね。

涙は血液から赤い成分をとったもの

これもなかなか衝撃的な雑学ですね。涙が血液から赤い成分をとったものというのは本当です。

涙の原料は血液で、9割以上が水でできています。血液を原料とはしていますが、赤血球、白血球、血小板は含まれていません。涙が目から流れる前にこれらの成分はこされて、いわば「透明の血液」となって目からあふれるのです。

悲しいときや感極まったときにいつも流しているのが血液と同じ成分のものだなんて驚きですね。少し怖い気もします。

人の顔面には多くのダニがいる

人の皮膚には多くの微生物がいると聞きますが、想像するだけでぞっとしますよね。しかし残念ながらこれは本当のことなのです。

東京医科歯科大学のある教授の話によると、顔ダニはすべての人の顔に200万~400万もの数が常在しているそうです。有害性もありますが皮脂を分解してくれる役割もあり、必ずしも悪い生物とは言い切れない存在です。

ただ顔ダニはニキビの原因になるので、エサになってしまうファンデーションなどの油はしっかり落とすようにしてくださいね。

寝言に返事をしてはいけない

寝言に返事をしてはいけない理由として「夢と現実が混ざって帰ってこられなくなるから」「眠りが浅い状態をより浅くさせてしまうから」などさまざまにあります。

まず「夢と現実が混ざって帰ってこられなくなる」というのは好奇心をくすぐられますが、非現実的に感じられますよね。これはその人が信じるか信じないかによるといえるでしょう。

次に「眠りが浅い状態をより浅くさせてしまうから」という理由ですが、これは本当のようです。

寝言を言うということは、眠りが浅い状態になっています。その状態の人に話しかけると、脳が返事をしようとして働いてしまうので、より一層眠りを浅くすることになるようです。できるだけ寝言には返事をしないようにしましょう。

生活に関する雑学

スマホは便器の18倍汚い

イギリスのある研究者によると、スマートフォンは便器の約18倍の細菌がいるという研究結果が出たそうです。

スマホはいつでもどんなところにでも持っていく人が増えました。電車の中やトイレでスマホをいじっている方もいるのではないでしょうか。そうした日常的に触り続けていることで、ありとあらゆる菌がスマホについているのです。

海外では感染症にまで発展したケースもあるそうなので、こまめにスマホをエタノールなどで消毒し、菌を取り除きましょう。

「太陽のにおいはダニの死骸のにおい」

「布団を干したときに香る太陽のにおいは、じつはダニの死骸のにおいだった!」という驚愕の雑学があります。

しかしこれ、真っ赤な嘘だということがわかりました。太陽のにおいというのは、洗濯後も残った汗などが太陽光によって分解され生成された成分のにおいなのだそうです。ダニの死骸のにおいではありません!これで今日から安心して布団にくるまることができますね!

飛行機はいまだ飛ぶ原理が解明されていない

とても不安になる噂ですが、「飛行機はいまだに飛ぶ原理がわかっていない」というものが広まっています。これはとらえ方によって本当と嘘に分かれます

飛ぶ原理自体は100年前から十分解明されていて、基本的には飛行機を飛ばすことについて不安に思うことはありません。ただ「その原理を構成する一部の定理を説明するときに100%の説明ができるわけではない」そうです。

このことが少し大げさに広まり、「飛行機が飛ぶ原理がわからない」となったようです。なので飛行機を必要以上に怖がる必要はないですよ!

タバコを吸うと1本で5分30秒寿命が縮む

タバコが身体に悪い影響を及ぼすことは一般的に知られていますが、「1本で5分30秒寿命が縮む」という話は聞いたことがあるでしょうか?

非喫煙者と喫煙者の平均寿命には差があることが研究で明らかになっています。「5分30秒」というのは、その平均寿命の差と喫煙者が吸うタバコの平均の数から割り出された数字であり、一本吸ったから5分30秒寿命が縮むわけではないそうです。

つまりタバコを吸うことによって寿命が短くなる可能性はあるけれど、1本で5分30秒縮むというのは間違いだといえますね。

正しい情報を探そう!

真実は受け入れるしかありませんが、いくつか誤解がある噂に関しては安心することができましたね。

調べてみると「嘘だった」ということも多いので、気になる雑学を見つけたら調べてみてくださいね!

(image by amanaimages1234)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140903171804 5406cebc63d32
  • 20140904143056 5407f9101a418
  • 20140904143019 5407f8eb5b399
  • 20140904142908 5407f8a486158

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る