生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. まるで夢の世界!東京のおすすめイルミネーションスポット

まるで夢の世界!東京のおすすめイルミネーションスポット

2014年09月02日作成

 views

お気に入り

空気が澄んでいる冬は、イルミネーションがひときわ綺麗な季節。特に都内のイルミネーションは夜をきらびやかに輝かせますよね。

そんななか、恋人や家族、友達とイルミネーションを眺めようと計画している人もいるのではないでしょうか?

せっかく行くなら、とびきり美しいイルミネーションを楽しみたいと思うもの。そこで今回は都内有数のイルミネーションスポットをご紹介します。

東京のオススメイルミネーションスポット

東京ミッドタウン

大人の遊び場スポットとして名高い六本木。その真ん中にあるミッドタウンの芝生に、LED電球を使った28万個の光が解き放たれます。

その広さは約2000平方メートル。いっせいに瞬くイルミネーションが、幻想的な雰囲気を醸し出しています。

冬の風物詩としても知られ、毎年訪れる見物客は500万人にものぼるそう。人間がつくりあげた人工美に思わず胸がときめきます。

最寄り駅は、東京メトロ日比谷線六本木駅です。

クリスマスシーズンは混み合います。すいている時期に足を運びたいなら11月に行くといいでしょう。

東京ドームシティ

「都内のイルミネーションといったらここは外せない!」と毎年訪れる人の多い東京ドームシティ。紫、ピンク、青、黄…。色とりどりの淡い光を放つLED電球が、魅惑的な空間をつくりあげます。その大きな規模と壮大なライトアップに、感動すること間違いなし。

また、アトラクションも楽しめるので「イルミネーションも遊びもどっちも楽しみたい!」という人にはぴったり。今年はどんなモチーフの点灯になるのか、今から期待大ですね。

最寄り駅は、東京メトロ丸ノ内線後楽園駅です。

アトラクションのひとつである観覧車から眺めたイルミネーションも最高に綺麗!カップルにオススメのスポットです。

赤坂サカス

毎年テーマを決めて開催される赤坂サカスのイルミネーション。去年は「音と光」がコンセプトだったそう。ここではなんといっても、幅広いカラーのイルミネーションが見どころ。最大1670万色もの表現が可能なんだとか。

さらに、毎年恒例のアイススケートリンクもオープン。スケートショーや教室など沢山のイベントも取り揃えられています。

イルミネーションで彩られている場所にある赤坂Bizタワーには、おいしいレストランやお洒落なショップが豊富にあります。

最寄り駅は、東京メトロ千代田線赤坂駅です。

撮影して待ち受け画面に設定する女子多数!一生忘れられない冬の思い出になりそうですね。

カレッタ汐留

プロジェクションマッピングの映像が変化する最先端のイルミネーションが楽しめるカレッタ汐留。壁を使って表現した映像と音楽のコラボレーションは迫力満点です。

目の前に広がる壮大な光の世界観は、まるで夢にいるかのよう。思わずため息がこぼれる美しい輝きが様々な表情を見せてくれます。

エンターテイメントとしても充分に楽しめる、死ぬまでに一度は見ておきたいイルミネーション。

最寄り駅は、都営地下鉄大江戸線汐留駅です。

毎年入場制限が出るほど人気。点灯時間は17時から22時30分まで。直前に行っても見られない可能性があるので、16時前から並んでおいたほうがよさそう。

東京スカイツリータウン

2011年には、世界一高いタワーとしてギネスブックにも登録された東京スカイツリー。国内だけでなく世界トップクラスの高さであるこのタワーが、冬は鮮やかな色でライトアップされます。

スカイツリーは近くへ行かなくとも墨田区や足立区、台東区をはじめとした各地から眺めることができるのが嬉しいですね。

最寄り駅は、東武鉄道伊勢崎線とうきょうスカイツリー駅です。

「イルミネーションを見たいけど、ご飯もショッピングも楽しみたい」という人は、東京スカイツリー付近でふらっと遊ぶのもオススメ。ソラマチではスカイツリーグッズも豊富です。

冬の思い出に光を!

大切な人と見に行きたい冬のイルミネーション。ですが、せっかくのイルミネーションを「どうせ恋人いないし…」「もうラブラブじゃないし」と見ずにいるのはもったいないことです。

試しにふらっと足を運んでみてはいかがでしょうか?きらびやかなイルミネーションは、凍えきった心や関係性にもそっと光を灯してくれるはずです。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140827125341 53fd5645f26e2

本記事は、2014年09月02日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る