生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 婚活パーティーで結婚相手を見つける3つのコツ

婚活パーティーで結婚相手を見つける3つのコツ

2010年12月08日作成

 views

お気に入り

「35までには絶対結婚する!!!」と心に決めていたのに、相手が見つからないと焦っているアナタへ。女性の場合、年齢が高くなればなるほど不利な状況になります。

最近は、お見合いを設定してくれるような「おせっかいなオバサン」も周りにいません。だからこそ、自分自身が出会いの場に飛び込んでいかないとチャンスはめぐってきませんよね。

これから婚活パーティーに参加を考えている方々に向けて、結婚相手を見つけるための3つのコツをお教えします。

婚活パーティーで結婚相手を見つける3つのコツ (30代 女性版)

20代中心のパーティーに参加したらNG

「年下(20代)の方が狙い目かも」と思われている方がいらっしゃるかもしれませんが、それは大きな間違いです。確かに、自分よりもだいぶ年上の女性を好む男性もいます。

しかし、パーティーに参加する20代の男性は、比較的に「遊び」を目的に参加している方が多いようです。遊びたいがために、お金を貢いでくれそうな年上の女性を狙っているかもしれません。

もしカップルになったとしても、こちらが「結婚」をちらつかせたら、逃げていく可能性が大です。ですから、20代中心のパーティーへの参加は避けましょう。

医者や弁護士などステイタスのある男性は選択肢から外す

医者や弁護士などステイタスのある男性を狙うのはあきらめましょう。彼らが参加する目的は、「20代の若い女性」との出会いです。

たとえ、自分より年上だったとしても、20代の女性に目が向いています。アナタがどんなにキレイな女性だとしても若さには負けます。30代の女性は、お金も地位もある男性とのカップル率は低いです。

女性慣れをしていない男性を狙う

パーティーで積極的に話し掛けてくる男性は避け、女性慣れをしていない話し下手な男性を狙いましょう

このようなタイプは、女性=恋愛=結婚と考える傾向があるので、一度付き合って信頼関係を築けばゴールインする可能性は高いです。

女性慣れをしていない男性の場合、男子校出身だったり、職場が男性ばかりだったり、これまでの環境で女性と接する機会が少ないため、「女性」というだけで意識してしまう方が多く、30代の女性も恋愛対象として受け入れてくれます。

おそらく彼らはかなりの勇気を振り絞ってパーティーに参加しているはずですから、優しい言葉を掛ければアナタを強く意識するはずです。

ただし、気をつけていただきたいのは、無口で暗い男性との違いをしっかり見極めましょう。

おわりに

筆者も「35までには結婚」と目標を定めて、34歳で結婚できました。婚活を始めた当初は、結婚相手の条件に「年収1000万」「職業は医者」などと挙げて自分自身を省みずに活動していました。

そんな中、ある結婚相談所に入会しようと、そこのアドバイザーの方に相談した際に「お医者様は20代の女性と結婚したくて入会されるんですよ」とキツイ一言をいただいた記憶があります。

こうした周囲のカライ助言に耳を傾け、自分の凝り固まった考えを変えたことが結婚につながったのではないかと思っています。

ぜひ、パーティーには何度も足を運んでみてください。女性は男性よりも参加費が安いですし、いろいろな男性と話すことで見る目も養われていくのではないでしょうか。アナタの幸せをお祈りします。

本記事は、2010年12月08日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る