生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon life生活・ライフスタイル

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 生クリームとは違うの?知って得する「植物性クリーム」の特徴と使うときのポイント

生クリームとは違うの?知って得する「植物性クリーム」の特徴と使うときのポイント

2016年05月12日更新

 views

お気に入り

お菓子作りに必須の材料といえば、生クリームですよね。お店では「生クリーム」と「植物性ホイップ」など、何種類か表記が異なるクリームを見かける思います。では、「植物性クリーム」とはいったいなんなのでしょうか。

ここでは植物性クリームの特徴や使う際のポイントをご紹介します。

クリームの種類

植物性脂肪クリームは「生クリーム」ではない!

植物性脂肪クリームは、種類別「クリーム」とは呼べません。乳等省令によって「クリームと表記できるのは、牛乳から乳脂肪分を分離させ、乳脂肪分を18.0%以上にしたもの」と定められているからです。

このことから、植物性脂肪のものは「ホイップ(クリーム)」と表示されるようになりました。

乳脂肪なのに生クリームじゃない!?

クリームの中には、乳脂肪が18%以上でも「ホイップクリーム」と表記されているものがありますが、なぜでしょうか。それは、生クリームに乳脂肪以外のものを添加してあるからです。「乳脂肪クリーム」と呼ばれることがあります。

乳脂肪クリームは、生クリームに乳化剤や安定剤を添加してあります。するとこれを生クリームと呼ぶことができないのです。ですから、「100%生クリーム使用」とパッケージに書かれていても、安定剤などが添加されていた場合、それは生クリームではなくホイップと同じ扱いになります。

他にはどんなクリームがある?

「植物脂肪クリーム」「生クリーム」「乳脂肪クリーム」の他にもうひとつ代表的なクリームがあります。乳脂肪と植物性脂肪を混ぜた「コンパウンドクリーム」と呼ばれているクリームです。

これは乳脂肪クリームの良さと植物脂肪の良さを合わせたものなので、料理初心者の方でも使いやすいですよ。

植物性脂肪クリームとは

植物性油脂を加工したもの!

植物性脂肪クリームは、植物性の油脂を加工してクリームにしています。パーム油を利用していることが多いようです。植物性脂肪クリームの白さは乳蛋白や脱脂粉乳が含まれているためです。

植物性脂肪クリームは、よく添加物が指摘されます。たしかに何が入っているのか、どうやって作られているのか気になる方もいると思いますが、普段から食べていることで健康に害が及ぶわけではないようです。

わずかな添加物も気になるという方は生クリームを使用することをおすすめします!

生クリームとホイップの特徴

植物性脂肪ホイップの特徴

植物性脂肪クリームは色が白いので、見た目が良いホイップが作れます。味はすっきりとしているので、生クリームの乳臭さが苦手な方でも食べやすいようです。時間がある程度経ってもクリームがダレない強さもあります。

濃厚さはやはり生クリームに劣ります。また添加物が気になる方には合わないでしょう。ただ生クリームより価格が安く設定されているので、味にこだわりがなければ使いやすいと言えますね。

生クリームの特徴

生クリームの良さは、なんといってもそのコクと旨味です。スイーツや料理が濃厚な味わいにできあがるので、味にこだわりがある方は生クリームを使うといいでしょう。

賞味期限が短めなので、買ってきたら早いうちに使ってしまいましょう。また色は黄色がかっていてベトついているので、見た目は植物性脂肪クリームより劣ります。ただ口当たりは生クリームの方がよく、口の中ですっと溶けていきます。泡立ちやすいのもうれしいメリットです。

植物性脂肪クリームの使い方のポイントは?

メリットを活かして!

ポイントとしては、やはり植物性脂肪クリームだからこそ持つメリットを活かせる場面で使うことです。前述した植物性脂肪クリームの長所をまとめると以下のようになります。

  • 色が白い
  • 味がさっぱり
  • クリームがダレない
  • 安い

見た目の良さを重視するなら!

色が白く、時間が多少経ってもクリームがダレないことから、見た目が整ったものを作りたいときに適しています。ケーキのデコレーションが代表的な例ですね。

カルボナーラなど、クリームの用途が見た目ではない場合は生クリームを使うのがおすすめです。

くどい生クリームが嫌いという方に!

コクがある生クリームですが、逆にそれが苦手とする方もいると思います。そういう方が食べるスイーツを作るなら、植物性クリームを使用したほうが食べやすいものになります。

価格が安いので気軽に使える!

生クリームに比べて植物性脂肪クリームは安く購入できるので、たくさんクリームが必要な料理に便利です。「ムースやケーキやプリンを大量に作る!」というときは、ホイップの方が経済的ですね。

状況に合わせて使って!

植物性クリームにはたくさんのメリットがあります。生クリームだけでなく、状況に合わせてホイップクリームも使えると料理の幅が広がりますよ。今まで買ったことがなかった方はぜひ試してみてくださいね!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140825110300 53fa995454fe5

本記事は、2016年05月12日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る