生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon travel旅行・おでかけ

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 花火に国宝五重塔に!山形県鶴岡市を満喫した旅行体験談

花火に国宝五重塔に!山形県鶴岡市を満喫した旅行体験談

2014年08月28日作成

 views

お気に入り

自然大好きな方におすすめ!海も山も花火も楽しめる鶴岡観光の体験談をご紹介します!

目次

筆者が経験した山形県鶴岡市旅行の概要

  • 旅行時期:2014年夏
  • 旅行日程:3泊4日
  • 誰と行ったか:筆者、妻、子供2人
  • 移動手段:自家用車
  • 訪れたエリア:加茂水族館、赤川花火大会、国宝羽黒山五重塔

旅行詳細

予算の関係上キャンプという選択でしたが、そこを拠点とし、活動することで鶴岡観光を満喫できました。

加茂水族館

加茂水族館は話題性もあり、クラゲの巨大水槽など、必見です。入場料は大人1000円、小中学生500円で、幼児は無料です。

海沿いに水族館があるので、水族館までの道は少なく、盆の期間でしたので大変渋滞してました。駐車場に入るまでには1時間ほど待ちました。もちろん、館内も大入満員で、歩くのもやっとでした。平日でしたらもっと空いてたのかもしれません。

じっくり見ながら歩いて、2時間ぐらいあれば一周できます。中にはレストランもあるので、食事もできます。

赤川花火大会

花火会場は河川敷を広く解放してるので、土手など広範囲の場所で花火を見れるのですが、筆者は打ち上げ場所の川の反対側の道路から見ました。当日は水田の畦道などに沢山の車がとまってます。それぞれ車の前に椅子を出したり、バーベキューをしながら見たりと、会場とは違った楽しみ方ができます。

会場側には臨時駐車場も豊富に用意されているので、駐車の心配はないかと思います。会場には屋台もトイレもしっかり準備されていました。

国宝羽黒山五重塔

国宝に指定されている1000年近い歴史を誇る五重塔。大自然の中に堂々と佇むその姿を見れば、歴史に詳しくない方でもその価値に気づかれることでしょう。

羽黒山のふもとに駐車場があり、五重塔までは石畳の階段を15分ほど歩きます。大自然の中の散歩は良い運動にもなり、とても気持ちが良かったです。

参拝客は沢山いましたが、歩くのが困難なほどではありませんでした。

五重塔からさらに1時間ほど歩くと羽黒山の山頂まで行けるみたいです。

旅行の良かったところ・イマイチだったところ

良かったところ

リニューアルオープンしたばかりの加茂水族館は新鮮で、話題性もあり、楽しめました。

ミズクラゲは白い色なので様々な色でライトアップされているのも美しく、また5mの巨大水槽なども迫力があって圧巻されます。こちらの幻想的な巨大水槽の前で結婚式をされた方もいらっしゃるみたいです。

イマイチだったところ

盆の時期ということもあってか水族館は非常に混雑していて、駐車場に入るのも館内を歩くのもとても大変でした。

もし、空いている水族館をじっくりと楽しみたい場合は、お盆など混雑が予想される時期を避けたほうが良いと思います。

これから山形旅行に行く方へアドバイス

山形県は盆地の気候で、夏はとても暑く冬はとても寒く雪も多いです。しかしその分、季節感を身をもって味わえますので、季節に合った最高の服装で行くことをおすすめします。

例えば、夏は薄着で軽い服装、冬は重ね着や厚着をしてブーツを履いたしっかり装備のようにすると良いです。

おわりに

山形県は自然が豊かで、どの地域にも自然や温泉がたくさんあります。のんびり過ごしたい方にはおすすめの県ですので、ぜひ行ってみてくださいね。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140821001342 53f4bb2658d6f
  • 20140821001502 53f4bb7615e96
  • 20140823015145 53f775215b959
  • 20140821001253 53f4baf57f4fd
  • 20140821001342 53f4bb2658d6f

本記事は、2014年08月28日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る