生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon learn語学・学習

  1.  
  2.  
  3. 子どもの成長をサポートする!小学校教諭

子どもの成長をサポートする!小学校教諭

2014年08月27日作成

 views

皆さんの小学生時代の思い出はなんですか?筆者には遠足や運動会、音楽祭や修学旅行など沢山の思い出があります。

大人になった今、当時のことを振り返ってみると私たち児童の陰で一生懸命にサポートをしてくれた先生達への感謝の思いがこみ上げてきます。

ここでは、月日が経っても忘れることのない、子ども達の大切な6年間をサポートする小学校教諭資格についてご紹介します。

目次

取得している資格について

資格の概要

  • 資格:小学校教諭 第二種免許状
  • 取得時期:2014年4月
  • 受験料:筆者の場合、大学で単位を修得して資格を習得したために試験はありませんでした。

  • マナビジョンによると小学校教諭は

1年生から6年生までの児童に国語や算数などの各教科を教えるとともに、ホームルーム、給食、掃除、登下校といった学校生活全般について指導する。図画工作、音楽、体育、家庭科などに専任教員を採用している学校もあるが、一般的には、小学校教諭は全教科を1人で教える。また、遠足や運動会といった学校行事やPTAへの参加、家庭訪問、教員同士の勉強会や研究活動なども大切な仕事である。
小学校時代は社会生活の基礎を学ぶ大切な時期で、子どもの将来に与える影響は大きく、児童1人ひとりの個性を理解し、常に公平で冷静な目を持って指導することが必要である。

とされており、子ども達の成長に大きな役割を持っているお仕事です。

受検のきっかけ

筆者は大学で音楽を専攻しており、進学当初は中学校の音楽科教諭を目指していましたが、学内の他学科聴講制度を利用すれば小学校教諭第二種の免許状も取得出来ると知り、免許は多いに越したことはないと思ったことがきっかけでした。

資格取得をおすすめする理由

この資格を取得するメリット

就職に有利です。

各都道府県や政令指定都市ごとに年1回程度行われる教員採用試験は採用人数も多く、採用されれば公務員として勤務できます。

また筆者の経験ですが、一般企業への就職活動の際にも面接等でのアピールとしてとても有効でした。

とってよかったと思った体験談

子ども達の成長はめざましく、毎日が驚きの連続です。また子ども達の指導をする立場であるのはもちろんですが、筆者自身も子ども達から沢山のことを学ばされるなと実感しています。

これから取得しようと考えている方へアドバイス

免許状の修得までには沢山の必修科目や実習を乗り越えなければならず、正直を言って辛いです。ですが、この辛さを乗り越えた経験は必ず現場で活きてきます。

おわりに

子ども達は「先生!」と元気いっぱいで迎えてくれます。

現場に立てば辛いことや大変なことも沢山ありますが、子ども達の笑顔を見れば全部吹っ飛び、明日も頑張るぞと思えるとても素敵なお仕事です。

未来の生徒達があなたを待っています。頑張ってください!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140825010758 53fa0dde7d936

本記事は、2014年08月27日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る