生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5. 冷えやすい耳の防寒にも!イヤーマフを大人っぽく使いこなすためのポイント7選

冷えやすい耳の防寒にも!イヤーマフを大人っぽく使いこなすためのポイント7選

2014年08月22日作成

 views

お気に入り

冬になると、特に冷え込む朝などに、耳が氷のように冷たくなってしまうことはありませんか?

実は耳の血管はとても細く、血流の量が少ないため冷えやすい部分なんです。

耳の冷え予防に効果的なのが「イヤーマフ」ですが、小さい子向けのイメージがあるアイテムなのでオシャレにコーディネートするのは難しいですよね。

そこで、イヤーマフを大人っぽく使いこなすためのポイントをご紹介します。

イヤーマフを大人っぽく使いこなすポイント【デザイン編】

1:高級感のあるファーを選ぶ

イヤーマフを大人っぽく使いこなすには、ファーを使ったデザインのものを選びましょう。子供っぽいイメージの強いイヤーマフですが、たっぷりのファーを取り入れることで高級感のある雰囲気に仕上げることができます。

ファーは毛足の長いものがおすすめ!

2:サイズはやや大きめが正解

丸っこいフォルムが特徴的なイヤーマフは、小さめのものをさり気なく身に付けると、可愛らしい印象が強くなってしまいます。大人っぽく仕上げるには、やや大きめのものを大胆に取り入れましょう。

3:色合いはシックなもの

カラーは黒やグレーなどの暗めの色や、ブラウンやワインレッドなど深みのある色など、シックで落ち着いた印象のものを選びましょう。シックな色合いはどんな顔立ちにも馴染むので、耳元だけ浮いてしまうこともありません。

明るい色で取り入れたいときは、ホワイトでも真っ白なオフホワイトより、黄味がかったアイボリーというように、ややくすんだものを選ぶと子供っぽくなりにくいですよ。

4:柄物ならレオパード

柄物を取り入れるならレオパードがおすすめ。落ち着いたカラーを選べば、高級感を保ちつつ、コーディネートのアクセントとして使うことができます。レオパードは秋冬の定番柄なので季節感もバッチリですね。

イヤーマフを大人っぽく使いこなすポイント【コーディネート編】

5:ファーコートと合わせる

ファーのイヤーマフにファーコートを合わせると、ゴテゴテな印象になってしまいそうですよね。でも実は、統一感を出すことで耳元だけ浮くことがなく、むしろすっきりと着こなすことができるんです。さらにリッチなイメージも強調できるので、子供っぽくならずにコーディネートできますね。

6:オールブラックなら簡単!

トータルコーディネートがうまく決まらないというときは、全身をオールブラックでスタイリングすれば、簡単に大人っぽい雰囲気に仕上げることができます。イヤーマフのカラーも、もちろんブラック。オールブラックなら、パンツスタイルでもスカートスタイルでも子供っぽくなりません。

7:サングラスを合わせる

顔の横のライン上に可愛らしいイヤーマフと、セレブっぽい雰囲気を醸し出せるサングラスを並べることでバランスを取ることができます。サングラスがイヤーマフの子供っぽさをおさえてくれるので、適度な可愛らしさは残しつつ、大人っぽい雰囲気に仕上がります。

イヤーマフを大人っぽく使いこなしてオシャレに防寒!

使いどころに悩みがちなイヤーマフも、デザインとコーディネートを工夫すればオシャレに取り入れることができますよ。

ぜひ、イヤーマフを使いこなして、かわいく寒さ対策をしてくださいね!

(image by PresenPic)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140819162534 53f2fbeee118d

本記事は、2014年08月22日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る