生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 綿棒ケースをリサイクル!お金をかけずネクタイを収納する方法

綿棒ケースをリサイクル!お金をかけずネクタイを収納する方法

2014年08月21日作成

 views

ビジネスマンにとって毎日のように使うネクタイですが、一本一本で考えれば毎日使うわけではありません。

とくに夏冬用に分けていると、ある一本だけを見れば使うのは半年間で、大抵は週1ペース、短いサイクルでも中3日ぐらいでしょう。

そこでその季節によく使うネクタイはネクタイ用ハンガーを使い、使わないネクタイはケースに入れて収納しています。

目次

必要な道具

ネクタイ用ハンガー

ネクタイ用ハンガーは100円ショップなどで購入できるものです。このタイプは1つにネクタイ8本かけられます。筆者の場合はこれを2本使っています。型も崩れないし、朝の忙しいとき、すぐに取れるのが気に入っています。

綿棒ケース

そして以前、出張用に同じく100円ショップでネクタイ専用ケースを2本購入しました。1本あけて使ってみたのですが、太いネクタイでも使えるようになっていたため、筆者のネクタイは普通めとか細めのネクタイが多くスペースが余ってしまい、その後使いませんでした。

そして、これをヒントに使うようになったのが、綿棒ケースです。使い終わったものをリサイクルしています。

くるくる撒いてぴったり収納し、それを引き出しに入れてしまっています。季節が変わると、これとネクタイ用ハンガーにかかっているものを入れ替えています。

型崩れもないし、伸ばしながら丸めるので、半年後はアイロンでもかかったかのようにピチッと伸びているので大変に気に入っています。無論、出張のときもこれを使っています。

必要な道具

  • ネクタイ用ハンガー
  • 綿棒ケース、なければ出張用ネクタイケース
  • ボールペンなど細い棒状のもの

個数は何本所有しているかで決まりますが、増えれば買い足せばいいだけです。

ネクタイを収納する方法

ネクタイ用ハンガーにはただひっかけるだけで、タンスやクローゼットに他の衣服同様ぶら下げるだけです。

ケースはタンスの引き出しにしまっておきます。

STEP1:ネクタイ用ハンガー

見れば誰でもわかることなので、無駄な説明は必要ないと思いますが、ひっかける際、重心を考えて、滑る落ちないようにしておくぐらいが注意事項です。当たり前のことですが、真ん中より太いほうをやや短めの位置ですね。

STEP2:ネクタイ用ケース

半年間以上はしまうし、冠婚葬祭用などは数年ケースに入ったままの状態も考えられます。

ボールペンやシャープペンなど細いものに、ネクタイを細いほうから巻きつけます。

当たり、ちょっと引っ張りめにテンションをかけて強く巻くと、保管中にしわなども多少取れます。

ケースに入れるときは巻きつけたペンを付けたまま、スポッと入れます。入れてからペンを抜きましょう。

あとは、蓋をするだけです。

ハウツーを実践する上で注意するべき点・アドバイス

綿棒ケースはリサイクルなのと、200本入りケースなので、急に言われて何箱も貯まるものではありません。最初は何個か専用ケースを使い、すこ少しずつ貯めていくのが良いのではないでしょうか。

おわりに

普段使うものはなるべく取り出しやすいところに、あまり使わないものはシワにならずかさばらないところに、と考えれば、おのずとこれが最善ではないかと思います。普段使わないものはこの方法だとシワまでとってくれるので、おすすめです。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140816150723 53eef51b41213
  • 20140816150801 53eef542020f1
  • 20140816151240 53eef65838bf0
  • 20140816151426 53eef6c294174
  • 20140816154758 53eefe9e66d61
  • 20140816155048 53eeff482343e
  • 20140816155258 53eeffca9de63

本記事は、2014年08月21日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る