生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6. 足元の防寒対策にも使える!レッグウォーマーをオシャレに履きこなす方法5選

足元の防寒対策にも使える!レッグウォーマーをオシャレに履きこなす方法5選

2014年08月19日作成

 views

寒い季節は、足元が冷えて辛いですよね。上半身はニットやコートを着込むことができますが、脚の防寒はなかなか難しいものです。

そんなとき、足元の冷えを防ぐアイテムとして便利なのが「レッグウォーマー」です!足首とふくらはぎを寒さから守ってくれるので体感温度はかなり変わります。

ただ、エアロビクスのイメージが強いレッグウォーマーをオシャレに履きこなすのは至難の業。そこで、オシャレ初心者でも簡単に真似できるレッグウォーマーの履きこなし方をご紹介します。

レッグウォーマーをオシャレに履きこなす方法

1:パンプスに合わせる

パンプスにレッグウォーマーを重ねると、ブーツ風に履きこなすことができます。合わせるレッグウォーマーによって、1つの靴をいろいろな雰囲気に変えられるのでお財布にも優しい!ちょっと奇抜なデザインのもレッグウォーマーなら挑戦しやすいかもしれませんね。

足の甲から肌が見えるので、脚が細く長く見える効果も!

2:ブーツからちょい見せ

ブーツからレッグウォーマーを少し覗かせると、アクセントがついてかわいいですね。同系色で統一感を出してもいいし、柄物や差し色で遊んでみるのもあり。

ショート丈のボトム似合わせると好バランス!

3:スキニージーンズに合わせる

レッグウォーマーはスキニージーンズとも相性ピッタリ!ブーツインしてちょい見せしたり、上からすっぽりかぶせて履くのもいいですね。定番のコーディネートを手軽にブラッシュアップさせることができます。

4:サイハイにする

長めのレッグウォーマーを目一杯に伸ばせば、サイハイブーツやソックスのように履くことができます。いわゆる「絶対領域」の、ほどよいセクシーさがかわいいですね。

サイハイ:太ももまでの長さのこと。ひざ上を表す「ニーハイ」よりもさらに長い。

5:ジムスタイルに取り入れる

スポーティーなスタイルに取り入れると、海外セレブのジム帰りのような雰囲気で履きこなすことができます。スパッツやスニーカーと合わせると好相性。寒い時期は特に、運動後の冷え防止にもなるので実用的ですね。

レッグウォーマーは足元オシャレの便利アイテム!

レッグウォーマーは一見合わせるのが難しそうなアイテムですが、足元の雰囲気を簡単に変えられる便利なアイテムです。靴を買い足すより安く済むのでお財布にも優しいですね。

ぜひ、レッグウォーマーを上手に履きこなして足元のオシャレを楽しんで下さいね!

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140814124821 53ec318551428

本記事は、2014年08月19日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る