\ フォローしてね /

ショートカットの女性が自宅でセルフカットする時のポイント

筆者はショートカットなのですが、ここ数年美容院に行っていません。はじめに自分でカットしはじめたのは、こどもが生まれたばかりの時でした。

美容院に行くたび、滅多に行けないからとつい短く注文し過ぎてしまって、いつも思うようにならず。だったら自分で切った方がいいんじゃないかなと思うようになったのがきっかけです。

今はセルフカットにもすっかり慣れて、美容院に行っていないと言うと必ずと言っていいほど驚かれます

そこで、家で自分でカットする時のコツ、ポイントをご紹介したいと思います。

ポイント1:もともとのカットを生かす

セルフカットをしてみようという時は、まだ前回美容院でカットしてもらった名残りがあるはずです。その名残りを生かして切るのが、一番初心者でも間違いのない方法です。

常に同じ長さをキープするようなイメージで、こまめに切りましょう。

ポイント2:自然な切り方

髪の毛に対して、はさみを横に向けると、パッツリ切れてしまいます。その切り方ではカットの腕が問われがち。

あまり腕に自信のない素人は、髪の毛を束で持って、軽くねじってから髪の毛に添うように持ってななめに切りましょう。その方が毛先がバラけて自然な仕上がりになります。

ポイント3:合わせ鏡で横、後ろをチェック

前髪のカットは鏡を見ながら出来ますが、横、後ろは必ず合わせ鏡でチェックしながら行いましょう。

横は前から見て切れるんじゃない?と思いがちですが、前から見て自然でも、横から見て不自然になってしまうこともあります。必ず耳にかかる状態を確認しながら切りましょう。

ポイント4:仕上げは無造作ヘアがお勧め

セルフカットで毛先を不揃いにした場合、そのままだとだらしない雰囲気に見えてしまう場合もあります。必ずセットすることをお勧めします。

その時、ワックスやセットスプレーなどを使ってクシュクシュまとめた無造作ヘアが、髪型に合いますよ。

女性用に出ているものよりも、男性用のヘアワックスなどの方が、ショートには使いやすいです。

おわりに

髪質に合う合わないはあるかと思いますが、一度セルフカットに挑戦してみても損はないですよ。失敗したら美容院に行けばいい、成功したら嬉しいな、という程度の気持ちで、是非挑戦してみてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。