生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon cook料理

  1.  
  2.  
  3.  
  4.  
  5.  
  6.  
  7. 栄養たっぷり!小松菜とあげの煮物の作り方

栄養たっぷり!小松菜とあげの煮物の作り方

2014年08月15日作成

 views

お気に入り

献立を考えているとき、「ちょっと野菜が少ないな・・・」「簡単でおいしい煮物が食べたい!」など、考えたことはありませんか?そんな時に便利なのが、小松菜です。ほうれん草よりもアクが少ないので食べやすく、ビタミン、鉄分、カルシウムなどの栄養素もたっぷり!筆者は積極的に食べるようにしています。

ここではそんな小松菜を使った、小松菜とあげの煮物のレシピをご紹介します。

目次

材料(2人分)

  • 小松菜:2束
  • 鷹のつめ:2本
  • あげ:3枚
  • 水:600cc
  • 顆粒だし:半袋
  • 醤油:大さじ3
  • 酒:大さじ3
  • みりん:大さじ3

作り方(調理時間:30分)

STEP1:小松菜を切る

小松菜を洗って根元を切り落とし、長さ5cmくらいに切ります。

STEP2:あげを切る

あげは横半分に切ってから、幅1cm位の食べやすい大きさに切ります。

STEP3:ダシを作る

鍋に水(600cc)、顆粒ダシ(半袋)、醤油、酒、みりん(各大さじ3)、鷹の爪(2本分)を入れ、中火で加熱します。

鷹の爪は、辛いのが好きな人は細かく折って、苦手な人は、食べる時に取り出し易い様にそのまま入れます。嫌いな人は入れなくてもいいです。

STEP4:煮る

沸騰したら弱火に落とし、小松菜の芯、あげ、小松菜の葉を入れます。このまま7分位煮ます。

先に火の通りにくい芯の部分を入れ、小松菜の葉で蓋をする感じに入れるとムラなく仕上がります。

STEP5:出来上がり

器に盛れば出来上がりです。ポイントに鷹の爪を上に乗せると、赤色が引き立ち美味しそうに見えます。

作り方のコツ・注意点

鷹の爪はお好みで

辛いのが苦手な方は、鷹の爪を入れなくてもOKです。

小松菜は根本をしっかり洗う

小松菜の根元に土が入り込んでいる場合があるので、葉全体を洗ってから、根元を切り落とします。そして再度、根元を洗います。

最初から切り落とすと、小さな葉がバラバラになり洗うのが面倒です。

おわりに

簡単で栄養たっぷりですし、お酒のアテにもぴったりです。ぜひ一度試してみてくださいね。

(image by 筆者)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140809150720 53e5ba988c34c
  • 20140809150908 53e5bb0476e05
  • 20140809150823 53e5bad7e4af7
  • 20140809150925 53e5bb15a1a68
  • 20140809150942 53e5bb266fe52
  • 20140809151001 53e5bb3920c60
  • 20140809151039 53e5bb5fc62cc

本記事は、2014年08月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

期間限定のPRコンテンツをチェック!

もっと見る