生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon love恋愛

  1.  
  2.  
  3.  
  4. ポジティブに婚活しよう!婚活疲れを防ぐポイント

ポジティブに婚活しよう!婚活疲れを防ぐポイント

2014年08月15日作成

 views

「今年こそは結婚する!」と気合十分に婚活を始めたはいいものの、色んな人に会っていくうちに「疲れちゃった……」と感じている人も多いはず。

素敵なお相手を見つける為のアクションですから、楽しく活動したいですよね!今回は婚活疲れを防ぐポイントをご紹介します。

目次

なぜ婚活は疲れるの?

まずは原因から探っていきましょう!婚活に疲れてしまう理由は主に3つ。

終わりが見えない

婚活のゴールはお相手が見つかるまで。言ってしまえば、いつまででも続けることが出来てしまうので、終わりが見えず疲労しがちです。

相手に断られると自分を否定された気持ちになる

お断りが続くと「自分は必要無い人間なんじゃないか・・・」とマイナス思考になりがちです。

頑張っているのになかなか成果が出ない

出会いはご縁なので、沢山活動して頑張ってるのになかなか素敵な人が現れないということも。

婚活が上手くいかないあまり、周りを羨ましく思ったり、自己否定が強くなってしまって、疲れてしまう傾向が多いようです

婚活疲れになりやすいタイプ

婚活をしていても前向きに楽しく活動できる人と、疲れてしまいがちな人がいます。その違いはどこにあるのでしょうか?婚活疲れをしやすいタイプをご紹介していきます。

完璧主義者

ノウハウ本などを参考に一生懸命、婚活に取り組むのがこのタイプ。ただ、型にはまり過ぎて自分らしさを発揮できず、婚活が長引いて疲れてしまいがち。

1つのルールが万人に当てはまる訳ではありません。あなたの考えを大切にして直感で動いてみてもいいかもしれません!

世間体が第一

「周りからどう思われるか」が第一で、自然と希望条件も高く設定しがち。検索画面で手が止まってしまい、なかなか進展しないのがこのタイプ。

お相手のステータスと結婚する訳ではありません。本当にあなたに合う人と出会うためにも、もう1度条件を見直してみてはいかがでしょうか。

マイナス思考

お断りをされる度に「自分の何がダメだったんだろう……」と落ち込みがち。切り替えが苦手でなかなか次のお相手に目を向けることができないのがこのタイプ。

あなたに問題があるわけではありません。お断りをされるのは「合わなかっただけ」と考えましょう!

婚活疲れを防ぐポイント

毎日コンスタントに活動する

毎日の活動量に波があると、気持ちも揺さぶられがちになります。1日の活動量を決めて一定量ずつ活動するようにしましょう。

大切なのは活動スケジュールを決めること

「検索時間」「お申込み人数」「メール返信数」などざっくり1日の目標を決めましょう。決定したらそれ以上の活動はしない。時間に余裕があってもあえて活動はせずに、趣味などに時間を割きましょう!

まずは恋人を作る意気込みで臨む

「結婚相手」となると条件面をどうしても気にしてしまいがち。学生の頃、恋していた気持ちを思い出して「好き」という感情を大切にしましょう。

希望条件に全て合致する人はいないですし、完璧な人間もいません。

「好き」の感情を大切にして気軽に恋人からスタートしてみると、素敵なゴールが待っているかもしれませんよ!

婚活以外の時間を大切にする

婚活が中心の生活になってしまうと、モヤモヤした気持ちを発散する場所がなくなってしまうので、趣味や親しい友達と過ごす時間を意識的に取るように心がけましょう。

さいごに

婚活は素敵な方と出会うまで、「細く長く」続けることが大切です。その為にも、頑張りすぎず適度に息抜きをして活動していきましょう!

(image by 足成)

記事提供:ブライダルネット

この記事で使われている画像一覧

  • 20140807161415 53e3274788dbc

本記事は、2014年08月15日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る