生活の知恵があつまる情報サイト

nanapi

Icon hobby趣味・娯楽

  1.  
  2.  
  3.  
  4. 子どもに自転車の乗り方を教えたい大人に捧ぐ!10分で自転車に乗れるようになる方法

子どもに自転車の乗り方を教えたい大人に捧ぐ!10分で自転車に乗れるようになる方法

2014年08月13日作成

 views

子どもに自転車の乗り方を教えたい!という方は、多くいらっしゃると思いますが、なかなか難しかったり、途中で子どもがイヤになったりしちゃうということもありますよね。また、最近は近所に空き地がないから練習するのもなかなか難しいものです。

しかし、この方法でやれば 10分程度で簡単に、自転車に乗れるようになっちゃうこと請け合い。筆者の子どもたちで実証済みです!

なぜ自転車に乗るのが難しいのか?

自転車に乗る難しさは、横の平衡と、推進力とのバランスの難しさなんです。自転車は「動いていない」状態では、強烈に乗るのが難しいものなのですが、動いていれば、比較的簡単に乗ることができます。これは、自転車に乗れる人であれば分かりますよね。

推進力を得るためには、ペダルをこぐ必要があるのですが、このペダルをこぎながら、横のバランスを取るというのが、初心者にはすごくハードルが高いんです。

10分で大丈夫!自転車の練習方法

坂道を探しましょう

ペダルをこがなくても自転車が勝手に進んでくれれば、横のバランスを取れば良いだけなので、圧倒的に乗るのが簡単になります。そこで、ちょっとした坂道を探しましょう。坂道の上から、両足を着いた状態で軽くキックして、あとは惰性で進ませます。

ここでもちょっとしたコツがあります。

1:視線は前へ

どうしてもハンドルを見ちゃうものですが、視線は前に。進行方向に立って「こっちを見て~」と声を掛けてあげると良いです。

2:肘を伸ばす

どうしても腕をすぼめてしまいがちですが、肘は伸ばします。肘を伸ばすと、自然と視線が上がり、上体が伸びるので、正しい姿勢が取りやすいのです。

注意点

万が一のときに止まれるように、必ずブレーキのかけ方は教えてあげてくださいね。

ここまで来れば、あとは楽勝!

これで、自転車に乗る面白さと、バランス感覚が身につきます。次は、坂道を下りながらペダルを踏むことを教えてあげましょう。簡単に出来てしまいます。

あとは放っておいても、ペダルをこいで楽しみ始めます。この方法で、さくっと身についてしまうと、教えていても楽しいですので、ぜひ、お試しあれ~でございます。

(image by amanaimages)

この記事で使われている画像一覧

  • 20140820161149 53f44a352461e

本記事は、2014年08月13日時点の情報です。記事内容の実施は、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。

編集部ピックアップ

編集部おすすめ期間限定のPRコンテンツ

もっと見る